« 信州道の駅の旅 1日目~古民家でランチ編~ | トップページ | 信州道の駅の旅 1日目~地酒と洋食編~ »

信州道の駅の旅 1日目~別所温泉外湯編~

8月16日(水)夕方

別所温泉駅に15:30頃到着。
既にSさん一家は到着していて、観光案内所で地図をもらってくれていた。
06_012_3 ちょうど電車が入ってきた。
この画像の奥に見える電車が「千と千尋の神隠し」に登場した電車のモデルとなったと観光案内所のおぢさんが宣ったとか。ほんまかいな?

観光客用駐車場に移動し、別所温泉を散策。
まず目指すは外湯の「大師湯」だ。
06_014_2 06_016_2
ここは源泉掛け流しでお湯がいいとのこと。

別所温泉には20年以上前に片岡義男の「彼のオートバイ彼女の島」の冒頭シーンに憧れ、バイクで来たことがあるのだが、あの時も泊まってるユースから外湯巡りをしたのだけど、ここには来たことある記憶があるようなないような、、、もっと銭湯っぽかったと思うんだが。
入浴料は大人も子供も150円。
ってのも記憶と違うし、当時は1カ所だけ有料で30円くらいで他は全て無料だったと記憶してるんだが、、、
きっと既に建て替えられてシステムも変わったんだろうね。
町の風情もなんか記憶とは全然違うしさ。

で、お湯であるが、ひとつしかない浴槽に満々と注がれるちょっと熱めのお湯は、硫黄の匂いもたっぷりで、効き目ありそう。
06_282 うん、やっぱりここには入ったことないな。
風呂あがりに近くの酒屋を見つけてぐびっとビール。( ^_^)/□☆□\(^_^ )
酒屋を探すことにかけてはぢつに鼻が利く。(苦笑)
からだぽっかぽかなところへ信州の夕方ならではの涼しい空気とビール。
もう、最高である。(*^。^*)

風呂あがりは夕涼み兼ねてあたりを散策。
06_017 石湯の隣にあるこの旅館
「臨泉楼柏屋別荘」というらしいが、さきほどの観光案内所のおやぢによれば、
これも千と千尋の神隠しの湯屋のモデルとなったところだというが、
ウィキペディアによればそのような記述はない。(^_^;)
でもまぁ、そんな雰囲気は確かにあるかも。

折角ここまできたのだからと、国宝の八角三重塔を見ようと安楽寺へ。
坂道上って汗だくになって到着したというのに、ちょうど17時で拝観終了で見ることが出来なかった。(T^T)

気を取り直して新しくできた「足湯ななくり」で足湯してクルマに戻る。
次は上田市街に戻って夕食だ。

というわけで、地酒と洋食編につづく

|
|

« 信州道の駅の旅 1日目~古民家でランチ編~ | トップページ | 信州道の駅の旅 1日目~地酒と洋食編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129989/11547967

この記事へのトラックバック一覧です: 信州道の駅の旅 1日目~別所温泉外湯編~:

« 信州道の駅の旅 1日目~古民家でランチ編~ | トップページ | 信州道の駅の旅 1日目~地酒と洋食編~ »