« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の記事

秋キャンプ

久しぶりのキャンプ。
7月のこっそりパン焼きオフ以来だ。
今年最大の課題も無事終わったし、結果もよかったみたいなので、
リフレッシュだ。(^o^)
でも、なんかお天気は下り坂のようでチト心配。

カートスクールを終えて、いざ出発。
昼過ぎには到着~先客は2組しかいない。
ほんと、今こそキャンプのベストシーズンだというのにもったいない。
ま、すいてていいけど。
06_004_4 お気に入りの「くのわき親水公園キャンプ場」

早速ひるめし。
06_003_1 もちろん、寿司!(笑)

今夜遅くから雨だというのでサイドオーニング+タープか、
スクリーンタープ出すか相当に迷ったけれど、結局スクリーンタープに決定。
06_005_3 これが後ほど大正解となる。

早い時間から炭熾して、秋刀魚の塩焼き。
火力強すぎたのと、脂のってるせいか、火だるまになっちまって真っ黒。(^_^;)
06_013_3 でも、とっても美味しかった。(^o^)
これがまた日本酒に合うことったら。

そして日も暮れてきて、焚き火をはじめる。
06_031 06_036
秋刀魚を焼いた炭を種火にしたので、あっという間に着火。

なんてしてる間に、とっぷり日も暮れ、、、
と思ったら、なんともう雨が降り始めた。
06_048_2  でも、スクリーンタープのおかげで
全然問題なし。

今夜のメニューは、「鍋」
06_057 しかもダッチオーブンでつくる鍋。
といっても、「担々麺風味 ごまみそ鍋スープ」沸騰させて、
キャベツちぎって入れて、豚肉、つくね、豆腐、もやしを放り込むだけ。
超簡単であっというまに「いただきま~す」
でもこれが、シンプルでとっても美味しい。(∩.∩)

食後はサイドオーニングの下で焚き火のつづき。
けっこう雨が降っているものの、焚き火に大量の薪をすべて放り込んでおいたので、雨の中でも勢いよく燃えている。
これを七輪に入れてマシュマロを炙る。
熱、トロ、ふわっとした食感がたまらない。

なんと今回、ホワイトガソリンを忘れてきたのだが、
前回の残りだけでノーススターはまだ煌々とサイトを照らしてくれている。
06_072
まだ22時前だけど、雨も降ってるので早めにおやすみぃ~。

昨夜早寝したので、6時前に起床。
まだ雨が降ってる中、炭熾して朝食の準備。
06_074_1 
日本ハム日本一おめでとうセールの日ハム製ピザ
こいつをダッチオーブンで焼くだけ。
06_076サッポロクラシックとも相まって、
北海道ヽ(^o^)丿万歳

そのうち雨もやみ、うっすら日も差してきた。
天気予報どおりだ。
よしもっとお天道様よ出ろ!と祈ってると、
みるみる青空が広がりピーカンに。
06_088_1 大井川の広大な川原

予報では午前中は曇りで、昼頃から雨というものだったが、
嬉しい誤算だ。
おかげで雨に濡れたスクリーンタープも綺麗に乾いたし、
撤収もとてもスムーズに行き、10時過ぎには撤収完了してしまった。

お昼からは例によって川根温泉でまったりして、
帰り道に息子のヘルメット買ったり、ユニクロ寄ったりしたのに、
それでも19時前には家に着いたのでした。

なんかとってもゆったりゆっくりできたキャンプでした。

ちなみに、今回娘は部活があるということで、初めてお留守番だった。
カミさんは相当心配したようだが、それなりになんとかしたみたい。
じぃじ、ばぁばも居たしね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

音楽の秋

    毎年町のこのお祭りで演奏してきた娘。
         061022_005
          今年も演奏しました。

お昼からは我が母校の高校生たちも演奏してたが、
         061022_011
18人という小編成ながらも迫力ある音が出てた。
それだけでなく、たくさんソロがあったのだけど、みんなとっても上手くてびっくり。

カミさんはまさしくこのブラスバンド部のOBな上、初めて人前で演奏したのもこの貝殻ステージだったということで、ちょっと感動してた。

いいねぇ、音楽の秋。
私もトロンボーン、再度練習してみたくなってしまった。

といいながら、焼そばやらおでんやら食いまくって食欲の秋だったのも事実だ!(苦笑)
カミさん、帰り際に止めるのも聞かずに「たいやき」買ってたし。(;^_^A アセアセ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

なんてクルマ?

  我が家のガレーヂに鎮座するこのクルマ、
       061021_009_1
この画像だけで車名がわかる人っているのかねぇ?

ステアリング切ってもどんだけ切れてるのかわからない感じで、
ぐにゃぐにゃしてて気持ち悪い。
雨が降ってきてウェット路になったら、フロントの接地感が希薄でなんか恐いし。

フットレストすらないのに、なんとサイドエアバッグついてたりするへんてこなクルマです。
絶対に自分では買わないな。(^^ゞ

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ひやおろしII

気に入ってしまったので、また違うの買ってしまった。(^^ゞ
061021_006 酒やビックのオリジナルらしい

061021_007 グラスに注いでみると、
うっすら色がついてる。
テーブルの色の影響ではなく、実際に見た目もこんな色である。

香りはフワっと甘く、フルーティな味わいながら、甘くなく、
この間のより好きかも。
この日は揚げ物しかつまみがなかったけど、エビカツにはなかなか合ってたので、魚介類と合わせて飲みたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひやおろし

日本酒の話題は久しぶり

でも、この間、信州道の駅の旅で買ってきた「綏酔」(すいすい)もあるんだけど、まだ書けてないのよねぇ。(;^_^A アセアセ…

さて、この時期の酒と言えばタイトルにもある通り、
「ひやおろし」だ。
早速買ってきていただきました。
061014_001 新潟の吉乃川作、山廃仕込みの生詰特別純米酒

うん、たしかにやや辛口ながらもまろやかな味わいで美味しゅうございます。

でもやっぱり、つまみは乾きものじゃなくて、秋の味覚でやりたいね。
明日、炭熾して秋刀魚焼くかな。それとも奮発して松茸の土瓶蒸しでも作ろうか、、、
仕事、どのくらいで終わらせられるか次第だな。(хх,)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

極楽湯II

極楽湯に行った次の週、実はまたしても極楽湯に行っていた。(^^ゞ
_002_9 _003_16
そう、このとき行ったのは浜松店ではなく豊橋店
早速このあいだ作った会員カードを突っ込むと、戻ってきてしまう。(T.T)
聞けば、浜松店のカードは使えないんだと。
でも、無料でカードを作れるというので作ってもらう。 しかし同じカードでいいようにしてもらいたいものである。

さて、雰囲気は浜松店のようなごちゃごちゃした感じはなく落ち着いた感じで、ちょっと高級感があってよろしい。
今年の2月にオープンしたばかりだから、設備もみな綺麗だし。
肝心のお風呂はというと、詳しくは人のサイトに頼るとして(^^ゞ、シャワーも日帰り温泉と同様なもので、もちろんシャンプーリンスにボディソープ付と銭湯臭さは全くない。
内風呂にはシルク湯なる細かい気泡で白く濁ったお風呂があって面白い。露天には炭酸泉という変わったお湯がありこれがなかなか気持ちよい。壺湯もあるし、なんと水風呂も露天だ。これがサウナから出た身にはかなり気持ちよい。寝ころび湯なる小石を並べたツボを刺激するものも痛気持ちよい。さらには畳敷きの休憩所があって、そこにごろんと横になれば、綺麗な青空に初秋の風がこれまた極楽である。さすが極楽湯。

さて、お風呂で極楽になったあとは、もちろん水分補給で極楽三昧である。(^^ゞ
_007_9 今回も0.7kg減量を果たしたが一気にリバウンドだな(苦笑)
つづいて2杯目はおつまみセット_008_6
_009_7 _011_4 _015_4
    しめさば              チヂミ             まぐろユッケ
と、居酒屋的メニューが豊富でセルフじゃないってのもいい。(^o^)
_014_1 お酒も追加し、_016_4 料理もどんどん追加(^^ゞ
画像ないけど、チーズ餃子揚げや一刻者(芋焼酎)なんかも、、、ヘ(^^ヘ)))。。。

シメは北の味噌ラーメンで
_022_2
   あ~飲んだ食った、、、 _023_4

_017_1 極楽湯侮り難し、、、
ちなみに、精算はこの_020_2 バンドにつけられたNo.で行われ、
最後に精算する仕組みになっているのだが、大いに飲み食いした結果は、
_025_2 このなが~~~いレシートと相成るのであった。(゜_゜;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

死んでました(^^ゞ

いや、PCが。(;^_^A アセアセ…

先週の金曜日に突然画面がおかしくなり、そのままウンともスンとも反応しなくなり、
画面は殆どまっくろ状態でした。

仕事の方も佳境だったこともあり、そのまんまほっておいたのですが、
今日仕事の山も越えたので、帰宅したときにダメ元で電源入れたら、
なぜだか見事に何事もなかったかのように普通に立ち上がりました。(^o^)
早速デジカメ画像をバックアップ。あ~ヨカッタ。(^^ゞ

あ、ぢつは仕事でもぢつは死んでたんだけどね。
なんとか今日一段落つきました。ヽ(´・`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »