« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の記事

山梨の旅~2日目観光編 昇仙峡~

登美の丘を後にし、さて何処に行こうか。
山梨で有名処なのに行ったときないところといえば、、、
というわけで、カミさんの運転で昇仙峡へと向かう。

僅かに30分ほどで到着。
L1020440

だけど、下調べも殆どしてないので、よくわからないままとりあえず見つけた市営の無料駐車場に入れる。トテ馬車もあるからここからそれに乗ればいいんだろう。
そしたら、なにやらタクシーの運ちゃんが誘導してくれる。
クルマを降りると観光マップ見せながら、「トテ馬車乗ると3人で2500円だ。しかも人数集まらないと出ないし、途中までしか行かないからあとはずっと登りを歩かなきゃならん。タクシーなら貸し切りで2430円で一番上まで行けるし観光案内もするがどうか?」と宣う。

事情がよくわからないんだが、こういう経験ってしたことないから、ま、いっちょ乗っかってみるかってことで承諾。
「み」はタクシー初体験だしさ。(^^ゞ
タクシーに乗るなり影絵の森美術館の割引券をくれてギネスに載ってるだとかなんとか説明が始まる。
なるほど、結託してやがるな。(苦笑)
で、「昇仙峡は日本一の渓谷美を誇り、北海道の層雲峡にも勝る」と自慢話。
ん~、たしかに似たカンジだが、層雲峡の方がスケールでかかったけどなぁ。
途中クルマを停めて岩の説明をしてくれる。
L1020441 たしかに説明聞かなきゃ見逃しそうなところだが、
ガイドしてくれるとそれなりにありがたく見えるものだな。(苦笑)

そうしてタクシーは影絵の森美術館に到着。
さぁ入れってカンジで美術館の法被着たおっさんに引き渡され、断る勇気もなかったのでにっぽんの観光文化にのっかってやることにする。(;^_^A アセアセ…
でもまぁ展示はそれなりに綺麗で
L1020448 楽しめたし、
山下清の原画展示もあって、まあまあだった。
が、展示室を出るとお約束のお土産コーナーがあるのだが、
さぁ買えっ!ってカンジの売り子のばばあの態度が気に入らん。
さらに進むと休憩コーナーがあって、無料で飲み物が出されるのだが、ハンドマイク使ってお土産の売り込みが展開され、
L1020459 L1020461
さらには各席に妖怪のようなばばあが影絵サンドの売り込みにやってくる。(苦笑)
で、買う気がないと見るや、まだ残っているのにさっさとカップをかたづけようとするといういやらしさ。(¨;)
いやぁ、久しぶりににっぽんの典型的観光地を堪能させていただきました。(笑)

さて、帰りは歩きである。
タクシーの運ちゃんによれば、川から上がってくる風を受けて涼しいから楽だよとの言葉通り、前半の典型的土産物屋が立ち並ぶところを抜けたら、景色も綺麗だしなかなか快適に渓谷美を堪能できた。
L1020471 L1020489
途中、岩のしたをくぐるようなところでは、岩の割れ目に
L1020473 1円玉がいっぱい差し込んであった。
これまたにっぽんの観光地らしくていいじゃないか。(笑)
にっぽんの観光地といえば、やたら中国人観光客が多かったのも印象的だ。
L1020505 仏教の修行絡みな伝説もあるから人気あるのかな?

ただ、さらに下っていくと、
L1020503 チェリーの廃車があったり、
L1020507 ぢつにうらぶれた雰囲気を醸し出す
土産物屋が目につくようになり、
にっぽんの典型的観光地の行く末を案じなきゃならない光景がつづく。

そうしてようやく中間地点であるトテ馬車乗り場にたどり着く。
L1020509 が、これに乗ると2500円さらにかかる上、
なかなか発車しそうにないので、カミさんは歩くという。
タクシーの運ちゃんによれば30分ほどの道のりだというし、
L1020511 地図を見てもここまでの道のりと同じくらいに見えたので歩くことにする。

だが、この観光地図がくせ者で、見所の岩をガイドするためだろうが、見所のない区間がかなりデフォルメされててひじょーに距離が長いことをあとになって気づいた。
そこへ上流と違って暑さが襲う。
もともと歩くのがすごくきらいで、景色にも興味のないカミさんはふてくされてすげぇ機嫌が悪い。(__;)
もう少し涼しければそんなに苦ではなかったんだろうが、サスガにこの日は暑すぎた。
ほぼ30分で駐車場までもどれたので、タクシーの運ちゃんの言葉はウソじゃなかったんだけどね。
途中至る所にL1020516 こんな奇岩があって、
L1020515 こんな風にネーミングされてる。
よくこの手のは御神体的ネーミングになるのが常だが、そこは市の観光課がぐっとこらえたか?(笑)
L1020519 大仏岩なんてのや、
他にもいろんな、おぉっ!たしかにそう言われれば的な奇岩がつづき、
L1020520 ここも私はけっこう楽しかったんだけどね。

なんとかカミさんをなだめて帰路につく。

最後に山梨といえば忘れちゃならないのがフルーツのお土産だ。
これもフルーツが嫌いなカミさんは気乗りしないのだが、「み」がぶどう大好きなんだからと、フルーツ公園あたりの観光農園を再度目指す。
今朝公園を出発したときに見かけた看板に「一箱500円」ってのを見た記憶があったので、そのお店まで行こうと思ったのだが、カミさんは一房500円に決まってんじゃんと宣う。
たしかに途中の店をクルマから伺ってみると大体一箱2000円くらいで一房500円みたいだ。
L1020523 だけどね、到着してみると、
やっぱり一箱500円だった。(^^)v
カラクリは、古いんだって。
といっても、昨日収穫したのが500円で、今日収穫したのが900円と格安。
でも結局買ったのは、その500円な巨峰じゃなくて、小さい粒のデラウェア。
試食に一房くれたんだけど、とっても美味しかったんでね。
一房100円を好きなの選んで五房袋に入れてお土産にする。

こうして山梨の代表と思われるものを満喫し、静岡へと向かったのでした。

帰り道、雨がポツポツ落ちだしたので、カー用品店をナビで探し、イエローハットに立ち寄る。
というのも、でかけてすぐに気づいたのだが、ウォッシャー液が空っぽだったのだ。
R20号沿いにあるイエローハットは、道が複雑でなかなか辿り着けず往生こいたが、180円で無事購入。イザというときのために積んでおいたポリタンクの水で満タンにして、先を急ぐ。
R52を南下してもなんとか通勤割引時間内に清水ICに辿り着けそうだ。
ナビの到着予想時刻は1時間オーバーだが、このくらいなら短縮可能との判断だ。
結果、20時20分前には清水IC近くのガソリンスタンドで給油する余裕もあった。
途中どんくさいのが1台いただけというのが大きかったかな。

ちなみに、燃費は8.6km/Lと、エアコンフル回転だった割りにはまあまあの結果。
このあと家までの100kmは燃費にとっては好条件なのでトータルでは9キロ台ってとこだろうか。

そんなわけで夕食は牧ノ原SA。
ここではレストランで食べたことなかったのだけど、なかなか美味しかった。
L1020526 マグロ入りのラーメンなんて初めて。(@_@。
マグロでっかくて食べ応えもあり、これで800円ちょっととお値打ち。
L1020527 「み」お得意のカツカレーもガーリックフライのってたりして
美味しかった。
ただ、カミさんが頼んだこれは、、、
L1020525 しらす丼?
いえいえ、
L1020528 ぢつは「しらすネギトロ丼」
マグロの少なさに、カミさん激昂し、「お客様の声」って用紙に文句たらたら書いてた。(^◇^;)

というわけで1泊2日と、例年に比べ非常に短い夏の旅でしたが、ぎゅぎゅっと内容の濃い山梨満喫の旅でした。
でも、カミさんはもう行かないって言うだろうなぁ、、、σ(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~2日目観光編 登美の丘~

サンフラワーフェス2007を堪能した我々は、次何処に行こう?と思案。
時間はまだ10時前だ。

すぐそばのハイジの村は、まだハイジの村になる前に入ったことあるし、
八ヶ岳方面に行くと混んでるだろうし、何度も行ってるしリゾートアウトレットくらいしか行くトコもないなってことで、
どうせなら行ったときないとこってことで暫し観光ガイドとにらめっこ。

したらば、登美の丘なるワイナリーが近くにある。
山梨のワイナリーは勝沼辺りに集中しているが、ちょっと外れたとこにあるこのワイナリーは、どうやらサントリーのものらしい。
山梨でサントリーといえば白州蒸留所が有名だが、その近くにこんなワイナリーも持ってたなんて知らなかった。しかも敷地は広大で白州より広いかもしれない。
ガイドによれば、美味しいパン屋さんもあるというのでそれをダシにカミさんを納得させて行ってみた。(^_^;
L1020412 なかなか歴史があるみたいで、開設は1909年だ。

ちょうどワイナリーガイドツアーに入れるというので申し込む。
L1020416
白州同様、きれいなおねぇさんが登場し、いろいろと説明してくれる。

中でも興味を持ったのが貴腐ワイン
L1020418 L1020419
これまで名前を聞いたことはあっても、どんなものかよくわかってなかったのだ。
なるほどねぇ。
L1020413 醸造棟を見学し、
L1020410 ワインセラーを見学
中はこのクソ暑いのに20℃以下で寒いくらい。
空調は殆どかけていないのにこの温度なんだそうな。
山をくりぬいて作ってあるということだが、こんなにも涼しいとは驚きである。

ちなみに発酵酒であるワインは瓶貯蔵でも熟成されるので、殆どが瓶詰めで寝かされている。
樽で熟成する理由も聞いてみたが、ワインの質によるそうで、樽の香りに負けない強いワインが香り付けなどを目的として樽で熟成されるんだそうな。

そんなわけでちょっとワイン通になった気分で試飲に向かう。
L1020415 試飲できる場所はちょっと離れてて、
各自のクルマで移動するのだ。
その際、ちょっと面白いところがあって、場内マップにもあるが、
なんとクルマでのスイッチバックがあるのだ!
L1020421 こんなの初めて!
鉄な連中なら驚喜するに違いない。(笑)

そうして辿り着いた試飲会場。
当初、カミさんが試飲したいというのでドライバーズカードは私がぶらさげてたが、試飲は3種、量もけっこうなものというのを見てびびったカミさんは、この後運転してくれるということになり私が試飲できることとなった。(^o^)
でも試飲できたのは代表的な3種じゃなくて、
L1020431 この3種

私としては代表的なこのL1020420
               3種が試飲してみたかったのになぁ。

でも、例によって有料での試飲コーナーもあって、登美の詩なら赤と白で300円だというから試飲してみた。
無料試飲のものより辛口で美味しかったので、
お土産には一つ上級でこのワイナリーの名前を冠した「登美の丘」の赤を購入。

L1020432 ここで昼食の焼きたてパンを購入
このあとクルマの中で食べたが、すごく美味しかった。

白州蒸留所に比べて知られていなくて地味な存在ですが、空いてるし、
ワイン好きな方にはお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~2日目観光編 ひまわり~

早起きしたから、時間はたっぷりある。
ゆっくりと本日の観光地へと向かう。

着いた先は、向日葵満開である。
L1020355_2

随分前にも来たことあるが、変わったのは、
L1020357 北杜市になったから、こんなマークが、、、
ちょっと野暮だよねぇ。

メイン会場はもう満開過ぎてて、
L1020362 こんな悪戯されちゃった向日葵君も。
しかし、向日葵ってのは満開まではトップの画像のように勢いあって気持ちいいけど、
盛りを過ぎちゃうと、なんか悲しいね。
L1020367
そんな中でも、まだまだ光ってるヤツもいるんだけどね。
L1020369 そんなやつには蜂もよってくるようだ。
なんだか、現代のサラリーマン社会を見ているようだな。(¨;)

満開度ではトップの画像よりこっちかな
L1020381_2
見事な咲きっぷりである。

日照時間日本一の町はサスガに暑いのでひとやすみ。
L1020384 向日葵の種のトッピング付き
ひまわりソフト、、、味は、どこがひまわりかよくわからん。
って、向日葵味って(?_?)

別会場に移動し、暫し撮影。
こっちの会場の方がこれから満開というところで、元気な感じだった。
L1020394_2 L1020406
L1020402 L1020403

元気な向日葵は、なんか元気をもらえたような気になるから好きなんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バブルへGO!!

これ、見たかったのよね。
51bwhywig5l__ss500_

で、DVD買っちゃった。
家族全員で見たけど、
このとき、結婚したばかりの我々夫婦は、
とても懐かしく、当時を知らない子供達も、
へぇぇ~~ってなカンジで、面白かったみたい。

ホイチョイ作品はこのナンセンスがいいよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~2日目温泉編~

朝4時に起きたものの、出発は5時近くなっていた。
ほったらかし温泉あっちの湯は、日の出の1時間前にオープンするのが特徴だ。
ほぼ5時ちょうどに駐車場に着くと、既にかなりのクルマが駐まっていた。
みんな早起きねぇ。
あっちの湯に入ると洗い場や内風呂には全然人がおらず、みんな露天風呂に浸かってる。
もちろん日の出を拝むためだ。
でも、残念ながら東の空は厚い雲で覆われている。
お天道様はなかなか顔を出さず、みんなあきらめてどんどん出て行った。

でも折角だからと粘ったところ、5:50、ようやくお天道様が顔を見せた。
Dsc01887 Dsc01889
もっとも、こんなに高い位置の日の出じゃ、趣半減だけどね。
富士山も裾野しか見えず残念だったが、早朝の見晴らしのいいお風呂は爽快だったのでヨシとしよう。

お風呂出たところで昨日コンビニで買っておいたおにぎりで朝食。
もちろん、L1020340 コイツを忘れちゃいけねぇ。(^^ゞ

名物の揚げ卵を食べたかったが、そのお店はまだ開いておらず残念ながら食べられなかった。
なお、このお店には、
L1020343 こんな懐かしいスタイルの販売機がありました。
中学生の頃、よく学校の下のお店で「ガコ」って引っこ抜いて買ったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~車中泊編~

赤松の湯で20時過ぎまでゆっくりして、今夜の宿、第2駐車場に向かう。(^^ゞ

L1020334_2 (ぢつはこの画像、明け方のものだけどね(^^ゞ)

ここは車中泊のメッカであるが、お盆休みだというのにさすがにこの暑さでこんなところで車中泊する輩は、我が家だけであった。σ(^◇^;)
だから一番奥の角地をゲットできた。
そのおかげで、夜景を見に来る若者は多いものの、みんなマナーよく駐車と同時にエンジン切るし、煩いということはなかった。

でも、あぢ~っっっ!!!!!

外気温は随分と下がってはおり、夜風も心地よく吹いているのだが、
汗が止まらない。
温泉のせいか?
そんでもってビールまた飲んじゃったりしたものだから、更に汗噴出!
暫く汗が引くまでベンチ出して夜景見ながら夕涼み。

虫も少なく角地なんで、バックドア、スライドドアも全開で車室内を換気しておいたんだが、昼間に頑張ったエンジンの熱はそう簡単には冷えず、熱がこもってド暑い!
しかも明朝早起きしなきゃならんってことで早々に眠りにつこうとしたものだから、余計に暑苦しくて眠れず往生こいた。
そんな中、ぐっすり寝てる「み」はすげぇな。(@_@。
仕方ないから、ACCにして扇風機ON!
これが功を奏しかなり車室内が冷えて、外気温が下がるのと相まっていつの間にか眠りに落ちた。

今回の教訓は、もっと換気して車室内冷えてから寝るべしってのと、バッテリーは片方切り離して使えるようにしなきゃなってことだな。

で、朝4時起床。
したらばちょっと離れたトコに、いつのまにやらキャンピングトレーラーが鎮座してた。
L1020331 物好きは我が家だけでなくてヨカッタ。(^^ゞ
といっても、トレーラーなら涼しいか。(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~1日目温泉編~

汗だくになったカラダをさっぱりさせましょってことで温泉に向かう。
といっても、このフルーツ公園内の公園道路をさらに上るだけである。
まずは有名なほったらかし温泉を見に行くが、やはり「こっちの湯」は平日17時までで既に終了しており、「あっちの湯」は明日早朝に入る予定だし、休憩所はあるもののド暑くていられたもんじゃなく、お食事処も屋外にしかなくてゆっくりできないということで、フルーツ公園内の「赤松の湯ぷくぷく」へと戻った。L1020315
名前の通り赤松林の中にあり、涼しげだし、
L1020308 ここでも眺望は抜群である。

お湯は特に特徴はないが、
Dsc01856 この眺めは最高の開放感だ!
お湯に浸かってもDsc01865
             山並みが見えるのがいいねd(^-^)!

風呂上がりにはお約束のL1020316
                 プハ~っ、うめぇ~!(^o^)
ド暑かったから、たまらなくうまいッス!(^0^)/

L1020319 「み」が食べたカレーも
L1020320 カミさんのとろろ蕎麦定食も
おいし~い!
L1020322 でもやっぱさ、山梨来てほうとう食わんわけにゃいかんでしょってことで、、、汗フキフキ ""A^^; しながら食べました。(苦笑)

ここは新日本三大夜景の場所だけあって、夜景もとても綺麗。
また汗かいちゃったんで、再び露天風呂に浸かって夜景も堪能。(^^)v
L1020326_2
ゆっくりしたいなら、ほったらかし温泉よりもお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~1日目水遊び編~

おなかも満たされたところで、またしても東へと向かう。
右往左往のようであるが、コレも全て信玄餅のせいである。(^_^;)

新しく出来たR140のバイパスを走り、途中から斜面を登る道へと入る。
L1020296 フルーツラインである。
扇状地に広がるフルーツ農園の中を縫うように走る気持ちのよいワインディングだ。
フリーダじゃ、あんまり気持ちよかないけどね。(^_^;)

到着したのは笛吹川フルーツ公園
ココでの目的は水遊び
Dsc01819 素晴らしい見晴らしで、気持ちいい~
かと思いきや、水は生暖かく濁ってて、イマイチ。
もうちょっと冷たくて綺麗な水を流して欲しいものである。
Dsc01842 それでも最上部にはこんな滝もあって
少しは涼しくなりました。

L1020302 こんな噴水もあって、
L1020307 画像だけ見るぶんには涼しげなんだが、
この日はあまりにも熱すぎた。(;^_^A アセアセ…
カミさん、もうバテバテ。

なので、お土産物色して退散する。
お土産は流石フルーツ公園だけあって、山梨を代表するワインがいっぱい。
試飲も出来るというのでお願いする。
試飲係のおねぇさんは、的確な説明でとても好感が持てたし、
いっちゃん先に勧めてくれたワインに結局行き着いた
それにしても、同じ銘柄のワインでもヴィンテージによってこんなにも味や香りに差が出るんだなって、初めて実感した試飲だった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

山梨の旅~1日目お昼編~

吉田うどんのお店「うどん屋 源さん」に到着した我々一行は、
店内へと足を踏み入れる。

新しいお店でも、吉田うどんのお店らしく、
L1020289 しっかり注文はセルフサービスである。

L1020293 特選煮干しの肉かけ生玉子トッピング
L1020294 冷やしたぬき
L1020295 特選煮干しの肉つけ(熱い汁)

吉田うどん特有のかったくてぶっとい麺は、すするというより、
噛みしめなければならない。
そんなわけで、冷やしよりかけのほうが食べてる間に柔らかくなるからいいね。
元祖的な店に行くとかけしかないのも、そういう所以であろう。

水や片付けもセルフサービスなので、初めてだととまどうかもしれないけど、
フードコートだっておんなじだもんね。
濃いめのしっかりした汁に小麦粉の味わいが負けない美味しさです。
甲府に行った際には、是非お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

遅い昼ご飯

遅い昼ご飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

たまには二輪もね

たまには二輪もね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

公開生放送

公開生放送
一度見て見たかったのよね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フルコースタイム

フルコースタイム
40秒台出ました(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

山梨の旅~1日目観光編~

そんなお馬鹿と別れて、甲府南ICから中央道に乗る。
とういうのも、ちょっと先を急ぎたいからだ。
1区間だけ乗って、一宮御坂ICで降りて、着いたのは、、、
L1020271 ここだ!

お目当ては、桔梗信玄餅の詰め放題210円也!
駐車場もそう混んでなかったので大丈夫だろうと思いきや、
L1020274 (゜◇゜)ガーン!
まだ11時半なのに~

それでもアウトレット品が1袋だけあったので
L1020272 とりあえずゲット!

6個しか入ってないので、これじゃお土産には少ないよね
L1020275 ってことで正規品を買いに行く。
お菓子の美術館にもなってて、
L1020276 こんなものも展示してあった。

そうして信玄アイス食べたいと「み」が言うので、
もう一度アウトレットに戻ったら、
L1020279 アウトレット品が増えてたから、
貧乏人根性でいっぱい買い込む。(苦笑)
よく見れば、賞味期限が明日なのだが、餅が多少硬くなるってくらいでしょ。

L1020281 信玄餅アイス
信玄餅そっくりの味で、信玄餅より美味かった。

信玄餅で山梨を満喫したので、
甲府市に戻って、もうひとつ山梨を満喫することにする。

それが、ここだ!L1020284
3(-_^;) エッ?甲府でなんでうどんなんだって?
ココ「うどん屋 源さん」は、吉田うどんのお店。
場所は甲府だけど、同じ山梨の名物ってことでいいじゃない。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

涼しい?(苦笑)

涼しい?(苦笑)
午前中に雨降ったし、雲も多いからだろうけど、昨日より10℃以上低いと涼しく感じるねぇ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

暑い(;´д`)

暑い(;´д`)
出張の帰り道
エアコン全開なので燃費も低調だよ(>_<)

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

山梨の旅~道中編~

ひととおり報告済みだが、詳細をば書いてみる。

2007年8月17日(金)

映画で1日遅らせたものの、今日も暑そうだ。
そんなお天気の中、予定より30分遅れて7:30頃出発。
例によって磐田ICから東名に乗り、順調に走って富士川SAへ。
L1020264 まだなんとか富士山みえてるね。

おなかが空いたとのことで、いつの間にやら、
L1020266 こんなものや、
黒はんぺんフライに串からあげを買い込んでた。
黒はんぺんフライ、予想外に美味かったッス。

そうしてここで東名を降りる。
L1020267 L1020269
通勤割引圏内ギリギリで半額!スマートIC便利だねぇ。

県道10号を北上し、芝川駅前から県道75号へ入り、白糸の滝のすぐそばを通り過ぎ、R139へ。
このルート、ちょっと道幅狭いものの、交通量少ないし信号もないから、素直に富士ICまで行ってさらに西富士有料道路でお金使うより、昼間ならいいね。
もっとも、富士ICまで行っちゃうと100km超えちゃうから通勤割引き効かなくなっちゃうからこれはいいわ。ただ、帰りは下り線の入口ないので使えないんだよなぁ。

R139へ入ったら、ちょうど目の前に観光バス。
L1020270 別にその前にもいっぱい連なってるからいいんだけども、
この豊橋観光、 真っ黒い煙吐きまくり。(-.-#)
今時なんなんだよ。

したらば登坂車線を無理くり抜いてくるハイエースがミラーに映る。
登坂車線がなくなるところでオイラの後ろにピッタリくっつく。
もう、リアキャリアに当たるんじゃないかというくらいにビタビタだ。
前方はず~っとクルマいるから抜いてもしょうがない状態。
センターラインぎりぎりまで寄せて前を伺うハイエース。
助手席には小さい女の子が当然CRSもなしに無造作に座るのが見える。
こういう輩、相手にしないのが一番だが、ついいぢわるしたくなる。σ(^◇^;)
つつっと、オイラもセンターラインぎりぎりまで寄せる。(^◇^;)
ブレーキはいっさい踏まずに加減速。前との車間は微妙にあけて、
抜けるモンならいつでも抜けやっ!あほぉ!
こういう輩はなにをいやがるかわかってるからね。(;^_^A アセアセ…
ここは抜けそうだなってところで左にちょっとだけ寄せたら、一気に抜いてった。

ぶぁかっ!(・u・)

そしたらこいつ、オイラの前のクルマまで抜きに行きやがった。
対向車が来ているというのにっ!(@_@)
幸い道幅が広く、なんとか事故にならずに事なきを得るが、なんとこの馬鹿ハイエース、その前の豊橋観光のバスまでつづけて抜きにかかる。対向車は来ているというのにだ。
ここも間一髪対向車が避けて事なきを得たが、完全に狂ってやがる。
馬鹿が勝手に突き刺さって死ぬのは全く問題ないが、他人を巻き込む勢いだ。
でも、そのあとは突然おとなしくなって、車間も狭いながらもあけてる。
精進ブルーラインに入って、やはり豊橋観光が前にいるので、煙浴びるのイヤで脇道に一旦入ってやり過ごしたのに、甲府南ICまでに追いつく。
そしたらその前に例の馬鹿ハイエース。(?_?)
よっぽどオイラのいぢわるにぶち切れたんだろうか?(;^_^A アセアセ…
ったく、命削ってなにやってんだかね。ヤダヤダ。
怒らすのもほどほどにしとかなきゃな。(_ _ )/ハンセイ

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

今日のお昼

今日のお昼
2年前に東北道の駅の旅で買ってきた稲庭うどん。
美味い(^〜^)ッス
思えば、この道の駅の旅を記録するためにブログ始めたんだったナァ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

旅のあとに

1泊2日山梨の旅から、昨夜22:05頃、無事帰宅しました。

L1020530 銘柄がスーパードライでも、
やっぱビールは、瓶でジョッキが一番だね。( ^_^)/□☆□\(^_^ )

いやぁ、暑く、涼しい、旅だった。(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

満開

満開

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明野のひまわり

明野のひまわり
今あいにいきます?^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ほったらかし温泉

ほったらかし温泉
富士山は残念ながら裾野しか見えなかったけど、日の出は見えました。
見晴らしは最高ッス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運転のあとに(^^ゞ

運転のあとに(^^ゞ
今夜は笛吹川フルーツ公園で車中泊

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

やっぱ山梨といえば

やっぱ山梨といえば
ほうとうだよね(^o^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

赤松の湯ぷくぷく

赤松の湯ぷくぷく
見晴らし最高ッス

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お土産

お土産
せっかくだからね
コレがいっちゃん美味しかった(^〜^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笛吹川フルーツ公園

笛吹川フルーツ公園
眺めはとてもいいけど、
とてつもなく暑い(;´д`)ッス

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

吉田うどんのお店

吉田うどんのお店
でも場所は甲府なの

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

吉田うどん

吉田うどん
美味かったッス

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

桔梗信玄餅

桔梗信玄餅
アウトレットの詰め放題は早くも売切れ(>_<)
信じられん

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

早朝から映画鑑賞

ほんとは今日から1泊だけだけど、車中泊の旅に出かけるつもりだった。
でも、今日行かないと「ま」がもう行くときがないってことで、
急遽出発は1日遅らせて、映画を見に行ってきた。

行ったのはココ
L1020262 L1020249
まだオープンして1週間と、できたてホヤホヤだ。

1日が有意義になるよねってことで、8:20分からの上映を予約したので、
8時5分前に現着。
するとオープンが8時のようで、入口には既にかなりの行列が出来ていた。
我が家はネットから予約してあるので列なんかに並ばず、
8時になったところで悠々と入場。L1020255_3

するとやはり、並んでた人たちは足早にずんずん歩いて、
チケット売り場に並んでいたが、
ネット予約の端末はガラガラ。L1020251

これだけ携帯含めてネットが普及したというのに、なんでこんなに便利なもの使わないかねぇ。
おかげで、我が家は一番乗りでポップコーンやらなんやら買えてたけどね。
L1020250

え?ナニを見てきたんだって?

見たのはコレ
L1020252 面白そうだとは思っていたが、
どこか期待はずれなんじゃないかみたいな、そう期待せずにいたのだが、
いやぁ、面白い。(^o^)
やっぱPIXAR作品に外れはないね。
同じスタッフだけあって、ところどころニモとインクレディブルの臭いがするのも好感が持てちゃったりする。(笑)
ストーリーは例によってアメリカらしい定番といえば定番なのだが、けっこう深い。
ねずみが料理をするというのは、最後までどうしても違和感が残るし、かなりエゴなトコも見え隠れするが、そういうのも含めてとてもよい映画だと思います。
なによりパリの映像は本物以上にきれいだし、スピーディで迫力あるシーンも多く、
映画館で見てヨカッタとも言える作品だった。
見る前は、映画館で見るのはどうだかねぇ?って思ってたんだけどね。

素直にお勧めです。

なお、ここサンストリート浜北には、天然日帰り温泉も館内にあるので、
L1020260 ゆっくり出来るときはそのまま温泉入って、
居酒屋モード突入してなんてのもいいかも。

ここ、着衣サウナもあって、
L1020261 なかなか楽しめそう。

だけど、フードコートは狭くて目新しいものも少なく、イマイチ。
唯一、石松餃子は、異彩放ってて、とっても美味しかったけどね。
L1020258

専門店街も少ないし規模も小さくイマイチではあるが、
ま、映画やキャンプの時しか来ないから問題ないでしょう。(^^ゞ

そんなわけで、帰りにアイスが食べたくなって、結局志都呂のイオンに寄って、
Baskin Robbinsで雪だるま大作戦食べて来ちゃったりしてる我が家って、、、
(;^_^A アセアセ…L1020263

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

サンストリート浜北

サンストリート浜北
朝8時から映画見て、石松餃子と長崎皿うどんに恵比寿!
でも、すっげー混んでる(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

燃費ニュース3

補機バッテリ交換して、トリップメータがリセットされちゃったので、
前回給油から半月も経ってないけど、給油してきた。
ほんとは、9月になって値段が下がるのを待つ作戦だったのだけど、
補機バッテリ交換の効果も見たいし、しょうがない。

L1020182 バッテリ交換前の走行距離
これにガソリンスタンド行くまでの走行距離21kmを足して256.6km

給油量が19.7L で13.03km/Lと、ド悪い結果と相成った。
ド暑い日が続いて、エアコン動きっぱなしだったから、
しょうがないといえばしょうがないが、もうちょっとよくなって欲しいものである。

が、補機バッテリ交換してちょっと走った限りにおいては、
この暑さでエアコンのコンプレッサは止まりようもなく、
その効果はよくわからず。

暫く様子見だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

わんぱくランド

カートでヒートアップしたのでクーリングしに行ってきた。

ケッタですぐなのでお気楽に行けて良いのよ。
じぃじがシルバーで監視員やってるから、受付のおばちゃんも
「よぉ来たね」って顔見知りだし。

Dsc01778_2 いや、着いたらすぐ、
プール点検の時間になっちゃったものだから。(;^_^A アセアセ…

ん~!夏~!

Dsc01780_4

プール点検の時間も終わり、一番乗りで飛び込む。
Dsc01785 Dsc01786

スライダーでざぶ~~ん!
Dsc01797 Dsc01805
                       滑り台でざぶ~~ん!
Dsc01812 さらに、ざぶ~~ん!

いやぁ、ごくらくごくらく。(^^)v
Dsc01810_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

カート<エキスパート3日目~2>

さてさて、フルブレーキングの練習はまだまだつづく。

流石に難しいらしく、みんな「オーバーランしたりロックしたり」

「み」もいったんロックさせちゃったら「ごらんの通り」
でも、「かなり上手いんじゃないか」 と思う。
L1020222 ま、教えられたことはきちっと守る性格だからな。

Kくんは、フレッシュマンの検定でも苦労してたけど、
やっぱり「ブレーキングが苦手」 のようだ。
かなり「苦労してるみたい」 だね。
「み」のを見てるとそんなに難しいのか?なんて思えちゃうんだが。(^^ゞ
L1020226_2L1020227_2L1020228_2L1020229_2
ヨシ!スピードものってるし「バッチリだ」L1020233
ただ、ブレーキ踏むとき、かかとが浮いちゃってるのがダメだね。
くせなんだろうが、かかとつけてないと細かいコントロールできないからね。

L1020234L1020235L1020236
L1020237_3L1020238L1020239_3L1020240_2L1020241
「み」はぎりぎりイン通ってんだから、もうちょっと寄せて欲しいもんだな。
先輩なんだしさ。(^^ゞ

最後にグリッドに整列して、
L1020243L1020244
レース形式で自分のポジションを見極める練習だ。
「み」は7番グリッドからのスタート。
PKの2台は無理としても、コマーではトップとってけよ!
「レース形式で練習.mp4」をダウンロード   

ぬははは、おもしれ~(^o^)
Kくん、しびれきらして「み」のインを挿すものの、スピン!
やっぱブレーキが上手くないとね~。
で、「み」になんであそこで挿されるんだよっ!って聞いてみたら、
止まるブレーキ練習とおんなじように、コントロールラインでブレーキング開始してやがった。(-.-#)
あそこでブレーキ踏み始めて「止まれる」んだから、もっと先まで突っ込めよな。
度胸がついてくれば、もっともっと速くなるのになぁ。(´ヘ`;)ハァ

ま、とりあえずコマーではトップだ!暑い中よくできました。      
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カート<エキスパート3日目>

2007年8月12日(日)

今日もクソ暑いが頑張ろう!
フラッグチェックあってもちゃんと覚えたから大丈夫。

がっ!最近乗ってるカートが修理中だ。
L1020190 ゼッケン12番は他の子が乗るだろうし、
困ったなぁ~、しかもその向こうの赤いカートも乗れないというし。

L1020191 でもマシンチェックしてる間に
なんとか修理完了。
心配されたフラッグチェックはなく、中級コースで慣らし走行だ。
L1020192 L1020193
「中級コース慣らし.mp4」をダウンロード
ゼッケン12番のDくんに、ストレート先のヘアピンブレーキングで、
一気に差を詰める。
L1020195L1020196L1020197_2    
慣らしだから抜けないんだけど、
L1020205L1020206L1020207   
詰めちゃう前のファステストラップは、
29.33秒とまあまあ。
ちなみにこの日のKくんは、西コースのインフィールドで苦戦してる模様で、
29.74秒だったから、実質Kくんのスピード並みになってるってことだな。(^^)v
ちなみに「み」、インフィールド部分のライン取りはなかなかで、無駄のない
走りが出来てるようだ。

お次は、止まるブレーキング練習なんだけど、なんとスタート地点が
フレッシュマンのブレーキ検定の場所で、ブレーキングポイントがコントロールライン。
つまり最高速が出たところでのフルブレーキングとなり、
度胸とテクニックが必要だ!
L1020215 「フルブレーキング1.mp4」をダウンロード
迫力あるね~!ちょっとオーバーしたけど上手く止まれたぞ。
だけど、ゼッケン12番、何処まで行くだぁ~。(苦笑)

そのまま並走練習。「並走練習.mp4」をダウンロード
うん、今日はちゃんと並走練習になってるな。
もうちょっと閉めてやってもいいとは思うけどね。
パートナーの彼ももうちょっと閉めてきて欲しいところではあるが。

つづく

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蛍光灯化

ウォーキングクローゼットにカミさんのドレッサーが置いてあるのだが、
連日の暑さでカミさんが音を上げた。

とりあえず白熱電球から蛍光灯化しましょうってことで、
口金17サイズの蛍光灯を物色しに行った。

したらばこれが高いのなんのって。
1つ1000円以上しやがんの。
で、照明器具ごと換えちゃうか?ってことで見てみれば。
なんとインバーターなシーリングライトが3980円也(@_@)
蛍光灯な電球4つ買うより安いじゃん。

というわけで、もちろん購入。
L1020168_2  いやぁ、インバーターも安くなりました。

取り付けも簡単になったしね。
L1020167 これで少しは涼しくなるか?(^^ゞ

今まで使ってたシャンデリア
L1020169 埃の多い場所とはいえ、
すごいことになってたな。(;^_^A アセアセ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CAUL

映画に行ったついでに、トイザらスに寄って買ってきた
L1020097 L1020096
走らせながら旗のお勉強をしようという狙いもある。

「み」が自分で組み立てました。
まだステッカー貼ってない画像だけど、ステッカー貼ったら見栄えもよく、
500円ながら、なかなか良くできてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

NARUTO

先週のカートの後、見に行ってきたL1020091

エキスパートクラスで離されずに走れたら連れてってやろうって約束し、
離されるどころか追いついていったので、約束通り行ってきたのだ。

夏休みのこういう子供向け映画って1回も連れてってやったことないし、
たまにはいいか。
スピード感ある映像と、迫力あるサウンドで、なかなか楽しめました。

でも封切り日だったから混んでるかな~と思ったのだが、家からネットで
席を予約できるから安心だね。

L1020084 ここって初めて来た。
いつもは駐車場が無料の豊橋へ行くのだけど、
オンラインだと手数料とりやがるからな。(--#)
あと1週間遅ければ、サンストリート浜北に出来たのだが、
子供は待ってられないしね。

でも駐車料金800円で300円分しか無料チケットくれないなんて、、、
ま、いっか、来週以降は浜北行けばいいんだし。

今秋に続編やるのね。
L1020085 楽しみだわぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ハミルトンにあやかろう^^;

ハミルトンにあやかろう^^;
ヘルメットにステッカー貼ってみた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

補機バッテリー交換

8月3日に注文しておいたバッテリーがようやく届いた。
10日の18時頃気仙沼から発送されたというので、
11日の夕方には届くだろうと思って待っていたのだが、
お盆の渋滞のせいか、やってきたのは、21時過ぎだった。

今回補機バッテリーの交換に踏み切ったのは、
なかなかアイドリングストップしないのは、
補機バッテリーが弱々だから、その充電のためになかなか止まってくれないのじゃないか
ってことで、カイゼンを期待したいためだ。
でも、アイドリングストップ以外は特に問題ないから、こんなド高いバッテリーを交換
するにあたっては、かなり躊躇した。
通販でも13500円もして、いくら密閉型とはいえ、ガス抜きのパイプつくだけでこの価格は
納得いかなかったのだ。
で、悩んだのだけど、今更腐食しようが別にかまわんってことで、
汎用バッテリにしちゃうことにした。(^^ゞ
ただ、それでも密閉型にしといたほうが無難だろうということと、少しでもガスの発生は
ない方がよかろうってことで選んだのが、パナソニックの「カレックACT」だ。
L1020181
本来、オーディオの音質にこだわる人向けらしいけど、高性能がウリってことだし、
純正に比べりゃ安いしね。
ただ、カレックACTって、その昔セリカに積んでたときあったけど、寿命が来るの早かったんだよなぁ。そんでもってBoschにしたらすげぇ長持ちしたという経験もあるのだが、まあここはパナの技術の進歩を見せてもらいましょう。メインバッテリもパナだしさ。

というわけで12日の早朝、ド暑くなる前にと作業開始。

補機バッテリは、トランク開けた左側フェンダーの中にある。
L1020184 L1020185
スナップフィット3本を外してカバーをとって、
さらに樹脂製のカバーをボルト2本外して、ようやく普通の搭載状態と同じになる。
固定ブラケットと端子とガス抜きパイプを外し、ここからバッテリを取り出す。

、、、取り出せない。(・_・、)
バッテリの左上にメインバッテリの排熱ダクトが通っており、そいつが邪魔して
取り出せないのだ。(--#)
ことごとくメンテ性の悪いクルマである。
それとも素人は手を出すな!というメッセージなのか?(苦笑)
プリウスマニアを参照すると、このダクトを外すって書いてあったが、
めんどっちいので、汗だくになりながら暫し格闘。
エイヤっ!と気合い一発、するりと取り出しに成功。(^^)v
密閉型は液をこぼす心配がないからこういうときにいいね。

L1020186 今はなき、GSのみの文字が懐かしい。
大きさ全然違って見えるね。
でもACTはB19Lで純正がB20Lだから、1cmしか違わないはずなんだけどな。
この大きさの違いと軽いということもあって、搭載はするっと簡単にできた。
L1020187

L1020189 交換時の距離
まあ、9年8万kmもよくもったものである。
ちなみに、外したバッテリの電圧は12.1Vであった。

さてさて、これでアイドリングストップはカイゼンされるのか?
ちょっと楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カート<エキスパート2日目>

2007年8月5日(日)

昨日から引き続き、連続で今日もカートだ!
これでエキスパートな面々全員と面通し出来るし、
実力もどの程度なのか計れるだろうし、ちょうどよかった。
しかも今日はフレッシュマン時代に検定仲間だったYくんとMくんもいるので、
4ヶ月エキスパートで鍛えた実力を見せてもらおうじゃないか。
それと、フレッシュマン時代にとっても速かったKくんもいるから、
彼について行けるかどうかだな。
さらには、タイヤ屋の新幹線兄弟もいて、ようやく一緒に走れる。
この弟のほうが同級生なのだが、めっぽう速いので、彼並に走れるように
なるのがエキスパートでの目標だな。

まずはカートチェックして、
L1020101 フルコース慣らし走行だ!
、、、と思いきや、エキスパートでの試練が。(¨;)

L1020104 フラッグチェ~ック!
12種類の旗の名前と意味が言えないと乗らしてもらえない。
昨日はなかったのだが、覚えておいてねと言われたのに、
昨日とうちゃん寝ちゃって一緒に勉強しなかったのよね。\(__ ) ハンセィ

「み」が苦戦してる間、とうちゃんはライバル達のタイムチェ~ック!
L1020105 Yくんは44.1秒と、44秒切れてないから、
ちょっとホッとする。(^_^;)
当面はL1020123 このKくんに離されないようにしよう。
L1020124 新幹線兄弟のお兄ちゃんもやっぱ速いな。

そうしてようやくフラッグチェックから解放されたときには、慣らし走行終了。
来週までにきっちり覚えとかなきゃね。
というわけで、父ちゃんはがんばって12種類の旗、印刷してあげました。

L1020131 ようやく走れる。
慣らし走ってないからひとりだけ違うトコにいます。
今日は小さい子ばかりで、コマーばっかり。

まずは昨日と同じく中級コースを使ってのブレーキング練習。
「中級コース.mp4」をダウンロード
おっ、さすがブレーキ上手いだけあって、ブレーキングではかなり接近するな。

L1020154 そのうち、新幹線兄弟の弟が追いついてきました。
ラインが随分違うな~。
さすがに、1回青旗出されたけど、彼以外には煽られることもなく、
それほど遅れてるってこともなかったな。

カート降りて先生のレクチャーを受けます。
L1020157 なんか似たようなヘルメットの子ばかりだな。

お次も昨日と同じく、止まるブレーキと並走練習。
L1020158 「ブレーキ1.mp4」をダウンロード
あれ?白いカートの子、全然止まれないぞ?

しかも2回目も、横向いちゃってるし。
L1020160 「並走練習?.mp4」をダウンロード
それに、全然並走してくれないし。
大丈夫か?
でも、彼は慣らし見てたらすっげぇ速かったんだよな。
本能的に走ってる?

最後の1本でも、やっぱり止まれないしな。
「ブレーキ2.mp4」をダウンロード
L1020162 ヘルメット同じなんだよね。

よし、大体レベルはわかった。
「み」はやっぱあと度胸だ。
滑ってもアクセル踏んでけるかどうかでタイムはぐっとあがるはず。
来週は違うカリキュラムかもしれないけど、とりあえずは旗覚えて、
最初から走れるようにしよう。(^^ゞ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

機種変II

というわけで、機種変してきた。
L1020171 AQUOSケータイである。
911SHは既にSoftBankなお店やエイデンでは在庫がなくなってたが、
田舎のK'sにはサクっと残ってたのである。(^^)v

TU-KAから乗り換えたのが2005年の8月6日。
思えば愛知万博の会場で一所懸命仕事してるときにブチョーから、
イヤみな電話かかってきたのが、翌日Vodafoneに乗り換えたきっかけだったな。

その愛知万博の会場では、ワンセグテレビ放送がケータイで
そのうち見られるようになる。なんて展示もやってたなぁ。

あれから2年、アナログテレビなV603SHは、「み」にプレゼント(笑)
L1020176 vodafoneのロゴが懐かしい。
それにしても、モーションコントロールセンサーなんて、ぜんぜん使わなかったなぁ。(^_^;)

通信が出来ないだけで、カメラにテレビにラヂオに電卓に時計にタイマーに
ストップウォッチに方位磁石にカレンダーにメモ帳に簡易辞書にゲームにと、
いろいろ使えるから、昔の子供なら大喜びだわな。
ま、「み」は喜んでたけど。(笑)

テレビの映り比較
L1020172 L1020180
たしかにワンセグはきれいだけど、電波状態が悪いとかたまる。
その点、多少ガサガサでも情報が得られるアナログは、
ちょっと安心感あったりするね。
なお、地デジはアナログ放送より若干遅れるけど、ワンセグはさらに遅れるね。
時報だとか時計表示っていいのか?どうなってんだろ?

L1020178 カミさんのとお揃

あ(・。・)、考えてみりゃ、こないだメモリカード買ったときに
もう1枚一緒に買っとけばヨカッタなぁ。

充電台もないと不便だから、1つ買うかな。
ふたりで共有すればいいしさ。

さぁて、使い方は先行してるカミさんに教えてもらおっと。(;^_^A アセアセ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

カート~エキスパート初日~2

フルコース慣らし走行を終えたら、
L1020020 「ピットイン.mp4」をダウンロード

みんな集合して、
L1020026 先生のお手本ブレーキングを見学したら、
実践だ!L1020034
「ブレーキング練習1.mp4」をダウンロード
先生が間に入ってくれるから、お手本になっていいね。
「ブレーキング練習2.mp4」をダウンロード
ちょっと立ち上がりでおつりもらっちゃってるけど、まあまあですかね。
ちなみに、コースは西側の中級コースを使って行うから、
新しいコースのライン取りも同時に覚えられるという一石二鳥な練習だ。

そうして、先生からどこが悪かったのかレクチャーを受ける。
L1020050

お次は、
L1020055 止まるブレーキ練習と並走練習だ。

フレッシュマンのブレーキ練習より長い距離をフル加速してフルブレーキ。
L1020065 先生から「みんなより上手いぞ」と褒められたそうな。
「先生より上手い?.mp4」をダウンロード
ブレーキが上手いと速くなるっていうから、いいぞっ!(^^)v

そのまんまコースを2台で並走する。
「並走練習1.mp4」をダウンロード
この並走してる子も、当面のターゲットだな。
先生とも並走。今のところ気を遣ってくれるからいいね。
「並走練習2.mp4」をダウンロード

L1020068 ん?押し戻されてる?
L1020069 グリッドに整列して、
なんとレース形式での練習だ!
初めての模擬レース。大丈夫か?「み」
「模擬レース.mp4」をダウンロード
スタートで思いっきり出遅れる。
と、目の前にはゼッケン12番。ヨシ、抜け!
、、、結局後ろから迫る二人に抜かれ、間に入っちゃったから抜けなかったけど、
なんとかついていって離されることなく無事終了。

L1020072 休みもなくぶっ通しだったんで、汗びっしょり。
いやぁ、盛りだくさんでたいへんだけど、面白いわ。

明日も暑そうだけどガンバレ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

カート<エキスパート初日>

2007年8月4日(土)

いよいよエキスパートクラスデビューである。
ちょうど振り替えで土日連チャンなので、全てのメンバーに面通し出来てちょうどいい。
「よろしくおねがいします」とあいさつして、顔ぶれを見渡すと「み」より小さい子は、
フレッシュマンで一緒に走ってた子がひとりいるだけで、みんな速そう。

エキスパートクラスになると、
L1020011 カート決めたら、自分で点検する。
最初なので先生にやり方教えてもらう。

点検を終えたら、いよいよコースインだ!
L1020013 当面はフレッシュマンで一緒だった
彼に負けないことだな。
「さぁ、コースイン.MOV」をダウンロード
お?今までと逆へ行く、、、そう、今日からフルコースを走るのだ。
まずはフルコース慣らし走行だ。

初めてのフルコース、大丈夫か?
そんな心配もどこへやら、けっこう上手く走れてるぢゃん。
L1020016 「初めてのフルコース1.mp4」をダウンロード
「み」もS字のところおもしろかった~と言う余裕あり。
ただ、キミちょっと、S字くねくねしすぎみたいだけどね。(^_^;)

それに、「初めてのフルコース2.mp4」をダウンロード
なんか前に追いついてきてる?

おぉっ!「初めてのフルコース3.mp4」をダウンロード
追いついてんじゃんっ!

結局初走行でのファステストは43.17秒!
まあまあの滑り出しですかね。
ちなみに、ターゲットタイムは40秒を切ることだ。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

エアコン新調Ⅱ~取付完了編~

というわけで、本日無事エアコン新調となった。(^^)v
今回やってきたのは人の良さそうなにいちゃん。
K'sからの業者は必ずひとりで来るねぇ。このクソ暑い中たいへんだなぁ。
室外機なんて1階ならまだしも2階に運び上げなきゃならんのだし、
今回はベランダの柵越えしなきゃならんし。(^_^;)

これまで頑張ってたナショナル製
L1020073 9年を待たずして降板と相成った。
L1020079 室外機がちっちゃいのが特徴。
L1020080 リモコンもちっちゃくてシンプル操作が売りだった。

そうしてやってきた富士通ゼネラル製Jシリーズ
L1020082 樹脂色が真っ白で、
デザインも厚みがあって最近のトレンドに沿ったもの
L1020094 びっくりなのがこの室外機
容量ダウンしたのにかなりでっかくなってる。(@_@)
このあたりがパワーの源なのだろうか?
ま、この場所は別にでかくても邪魔にならないからいいんだけどね。
L1020083 リモコンのデザインも垢抜けないが、
ま、そのあたりは富士通だし、しゃあないわな。
ちなみに乾電池は、当然のごとくFUJITSU製が入ってました。
それとちょっと気になるのは、「富士通はすぐそこの引佐で作ってますからできたて新鮮、メイド・イン・ジャパンです」って取り付けの兄ちゃんが言ってたけど、リモコンにも室内機にもMADE IN CHINAの文字が躍ってるのは何故だろう?(苦笑)

でも「富士通は冷たい風が出るのほんと速いですよ、お客さんにデモするとき、ほっとしますもの」と言わせるくらいなのだから、たいしたものである。
実際、かなり速くそして強力な冷たい風が供給される。(^^)v

これで娘も快適に受験勉強に勤しめるであろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

エアコン新調Ⅱ~お買い物編~例によって長いよ

記憶力のいい賢明なる読者なら、昨年のちょうど今頃、エアコンがぁ~!って宣ってたのを覚えておいでだろうか。

そう、昨年2階のリビングのエアコンを新調したばかりだというのに、今年は子供部屋のエアコンが突然死しした。(;>_<;)ビェェン
昨年の例のように復活したりすることもなく、全く室外機が動かない。
購入は98年9月17日であるから、9年もたなかった計算である。
しかもリビングほど使用頻度は高くなかったはずである。

そこで先週の日曜日にエアコン選びを敢行。
エイデン、コジマと回るが、どこも例によってダイキンを勧めてくる。
特にコジマは昨年もそうだったが、ダイキンとのタイアップが強固なのか、かなりプッシュしてきた。
彼の口上はこうだ
「エアコンのシェア、生産ではダントツ1位で、クルマで言えばトヨタのようなもので、もうダイキンにしておけば故障も少ないですし、間違いありません。」
なるほどね、ま、ふつ~の客ならそれで落ちるかもね。
でも、オイラはふつ~の客ぢゃないし。(^^ゞ
「故障が少ないというのはたしかにいいだろうけど、シェアだ生産が1位だからいいとは限らないもんね、そもそもオイラ1位なメーカきらいだし。」と店を後にした。
そうするとエアコンはやっぱりK'sかねと、昨年購入した店へ向かう。
対応してくれたおばちゃん店員は、特にどれを勧めるでもなく、それぞれのメーカの特徴を淡々と語ってくれた。
オイラの本命は東芝なのだが、東芝の廉価モデルは樹脂の色が最初から黄ばんでるみたいで美しくないし、機能的にも貧弱で触手が伸びない。
そうなるとやっぱりダイキンなのか?でも会社の新しいオフィスのダイキンも風のカンジがスキくなれないしなぁ。
で、値段だけで見ていくと、富士通がとってもお安いので目についた。
するとおばちゃん店員、待ってましたとばかりに説明しまくる。(笑)
これまでノーマークだったけど、たしかにパワーも省エネも断トツである。
だけどデザインがちょっと気に入らない。(^_^;)
するとすかさずおばちゃん店員「ひとつ上の機種ならどうでしょう、こちらならさらに省エネですし」と。
見ればそんなに悪くないし、省エネにはグラっと来た。
でも、高い。
よく見ると、狙いの2.5kWクラスは高いのだが、2.2kWクラスは特別プライスがついててとってもお買い得になってる。それに富士通ならパワーあるから2.2kWでも十分だという。
たしかにカタログ値でも最大パワーは0.1しか違わないし、他社製品の2.5kWクラスをしのぐ性能をもっている。
というわけで、富士通の製品なんてたぶん乾電池しか買ったことないのだけど、取り付け業者も絶賛するという言葉にも押されて購入を決定。

富士通ゼネラルAS-J22S
お値段なんと67000円である。
9年前のナショナルが133350円だから、約半額。(@_@)
安くなったものである。この価格なら修理するより買い換えたほうが断然お得だよね。

というわけで、取付完了編につづく

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

気田川オフ~温泉編~

気田川オフの帰り道、まだ別れを惜しむ「み」が一緒に温泉に行きたいというので、
をか~ちゃんが新しくできた温泉があるよというから、強引に誘って寄ってきた。

温泉までの道中、「み」はアンソニーに同乗させてもらう。

行ったのはココ
L1000786

L1000789 右の丸い建物がお風呂です。

L1000790 源泉掛け流しもあり、
ぬるっとした、やわらかないいお湯でした。

湯上がりに、L1000796 ウメ~!

L1000797 そうして「あ、安部礼司」聞きながら
お家に向かったのでした。
「み」は最初のうち、楽しかったことたくさん話してたけど、
そのうちぐっすり眠っちゃった。

楽しいオフだったね、また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気田川オフ~2日目~

2007年7月22日(日)

朝6時、暑さで目が覚める。
急いでAFTのテントをメッシュにすると、
L1000759 外はピーカンである。(^^)v
L1000760 天気予報では今日もぐずつくとのことだったので、
予想外のお天気に、ウレシ~!(=^0^=)

L1000761 アンソニーも光り輝いてます。

でも、川の濁りは、少しは良くなったものの流石にとれず。
L1000763
だけど子供達は、遊びまくります。
L1000767 とうちゃんはその間お昼寝してたんで
遊んでる画像はなし。(;^_^A アセアセ…

あ、朝ご飯はレトルトごはんにレトルトカレーでした。
L1000775

デザートにAベさんから差し入れのメロンをいただきました。
L1000781 冷たくて甘くてオイシ~!

そうしてお昼ご飯もせっせと作ってちゃんといただきました。
L1000782 タレらーめん、これなかなかイケます。
「み」も卵の皮剥くの手伝いました。

こうして食べて飲んでばかりの気田川オフも終わり、帰路へとついたのでした。

今度は川が澄んでるときに来ようね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気田川オフ~夕食編~

川遊びを終えたら、腹が減る。
父ちゃんがせっせと作ります。

L1000746 最近お得意の簡単サラダ
でも、酒のツマミにけっこうイケるンです。(^o^)

父子だけなんで、手抜きでパスタ
L1000747
L1000748 L1000753
レトルトでも、オイシー!(^。^)

そして、をか~ちゃんお手製の夏野菜たっぷりキーマカレーとナンも
いただきました。L1000754
とってもとっても、オイシー!!(=^0^=)

そうして夜は更け、アンソニーの中でくつろいだり、さらに飲みまくり、
22時過ぎには横浜のAベさんも合流し、なぜかシャワートイレの話で盛り上がり、
日付が変わる頃、眠りについたのでした。
そういや「み」も一緒に寝たんだけど、よく起きてたな。(^_^;)

まだしつこく、つづくよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ワイパー交換

台風接近してるし、雨が降る前に帰ろっと思ったら、
クルマ乗る直前にすげぇ降って来やがった。(--#)

で、ワイパー動かしたら、運転席側の下の方が「ビロ~ン」(。ヘ°)

これから雨も酷くなるしなと、オートバックスに寄って替えゴム買ってきた。
ブレードごと変えようかとか、撥水か~。とか思ったけれども、
結局いっちゃん安い714円のにした。(^_^;)

家に着いたら雨やんでたので、そそくさと交換。
L1020009 それにしても、いきなりこんなになるなんて初めて。
拭き残しも全くなかったし、ぜんぜん手も黒くならなかったから、
そんなに劣化してなかったと思うんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

燃費ニュース2

2007年7月29日(日)

前回給油から20日しかたってなくて、燃料計も半分しか減ってないが、
8月からまたガソリン価格が上がるというので給油してきた。
L1020004

そのせいかスタンド内は激混み。
こんなとき、給油口が右側というのはありがたい。(^^)v
中には、こんなのまで給油してました。
L1020005 タイで走ってるトゥクトゥクだね。

L1020007 これだけ走って29.29L給油
少しでも多く給油しとこうという庶民根性でオートストップでやめずに、
ぎりぎりまで給油したから、計算では14.96km/Lだが、
実質15km/Lオーバーだね。
今回は車検もあったし、エアコンもかけるし、ってことでエゴランせずに、
エコランにとどめていた割にはなかなかの結果だ。

ちなみに単価は、@130だったが、
L1020006 初めて4等が当たりました。(^o^)
もっと給油量が多いときに当たればいいのに。って贅沢か。

ぎりぎりまで給油したのは、この先これで2ヶ月近くは給油しなくていいから、
それまでに石油価格の動向を伺おうという狙いもあるので、9月には価格が下がってくれることを期待するとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »