2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石野Rd.4~TTまで~ | トップページ | フリーダ車検終了 »

石野Rd.4~予選・決勝ヒート~

TTを終えて、「スタビの効果はどうだった?」とチームのヒロ吉さん。

「とりあえずよくなったみたいなんだけど、いまいちエンジンが回らない」と進言。

すると、ノイズボックス替えてみましょう。
ということで、弁当箱からぶた鼻タイプへと交換することにする。
ぶた鼻タイプは、ヒロ吉さんがSSチャレンジクラスに出場する人から借りてきてくれた。
L1090353
これで500回転Up間違いなし!とのことだが、、、

予選ヒート<10周>
6番手、アウト側からのスタート。
L1090350 なんとか前について行け!
ローリングは1回で決まって日章旗が振られる。
上手いことスタートを決め、1つ上げて4コーナーを立ち上がる。
後方はちょっと離れてるし、トップグループについて行けてる。
間隔もそんなにひらかないままレースは進む。

でも、5周目あたりから遅れ始める。
結局、たんたんと単独走行で5位チェッカー。

回転数を見ると、これまで14800rpmまでしか回っていなかったのだが、
なんと15200rpmも回ってる!(@_@)
500回転Upとは行かなかったが、このエンジンで初めて15000オーバーをマーク。
これならなんとか決勝も戦えるか?
すると、いつもレースサポートしてくれるコスミックKさんが、同じタイプのノイズボックス持ってるからとかしてくれた。(^o^)

午後からの決勝は気温も上がってるので、前戦の轍を踏まないよう、思い切ってエア圧を下げる。

決勝ヒート<15周>
L1090358 いつものおまじない「人」って書いて飲んでるところ。
L1090364 さあ、どこまで行けるか!

スタートはローリング1周で日章旗。
順位そのままで4コーナーを立ち上がってきた。
後方で2台オーバーランしてるから、後続の追い上げも気にならないぞ!
と思いきや、バックストレートでなぜかリスタート旗!
隊列は整ってたが、加速が早すぎたか?
思えば、このリスタートさえなければ、、、

というわけで仕切り直し。
今度は混乱もなく、順位そのまま。
前の4台にもピッタリついていってる。
が、2周目の5コーナーで全くマークしてなかった伏兵にインを刺されて、サクっと抜かれてしまう。
その後もぴたりとつけていたが、抜くに至らず。
上位がやり合ってるから、殆ど離されずについて行けてるのが救いか。

そのうち、上位争いが白熱し、8コーナーヘアピンで1台押し出されてスピン!
棚ぼたでひとつ順位を上げる。
残り3周というところで、さっきの伏兵がなんと3位を走る瑞浪最速男を5コーナーで捕らえて3位浮上。
その隙に南斗もぐっと差を詰める。
8コーナーヘアピンへのライン取りをアウト側に取って、クロスラインからの立ち上がりで見事にオーバーテイク!(^^)vとうちゃん興奮ヽ(´・`)ノ 

3位を追う!
しかし後ろからのプッシュも激しく、5コーナーでインに飛び込まれサイドバイサイド!
なんとか押さえるがそのうちに前が逃げてしまう。

そして迎えたファイナルラップ。
またしても5コーナーでインに飛び込まれ、サイドボックスに当てられながら6コーナーを立ち上がり、抜かれてしまうが、8コーナーヘアピンへのアプローチでイン側を死守するところを、さっきと同じくアウト側からのクロスラインを取って立ち上がりで綺麗にオーバーテイク!
とうちゃん大興奮!ヽ(^o^)丿

そのまま4位チェッカー!
チームのみんなも「よくやった!」と大拍手。
めずらしく南斗も手を挙げて応援に応えながらチェッカーをくぐり抜けていった。
惜しくも表彰台を逃したが、瑞浪最速男を抜いたことで、かなり自信がついたに違いない。
計量に戻ってきたとき、うしろでその彼は涙ぐんでたというし、それだけ真剣に戦ってくれた証だろう。
このあたりのバトルは、スクールでの混戦練習がきいてるのかも。

というわけで、今回またしても
L1090369 シャンパンファイトは出来ず、悔しそう。
4位のトロフィー持ってきてくれるねぇちゃんも、
L1090372 にらみつけてます。(苦笑)
L1090394 石野Rd.4
これで3戦連続4位(・_・、)
シリーズポイントランキングも4

今回は4の呪縛から逃れるために、ゼッケン1番で臨んだのになぁ。

次はいよいよ最終戦。
シリーズチャンピオンは決まってしまったが、2位争いは熾烈な状況。
来シーズンの固定ゼッケンもらえるよう、がんばるべ!

じゃんけん大会では最後の最後になんとか南斗が勝って、
L1090400 高級スプーンセットもらって、

晩ご飯は、南斗のリクエストでL1090407
                  ラーメン食べて帰りました。

« 石野Rd.4~TTまで~ | トップページ | フリーダ車検終了 »

カート」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
ノイズボックス・・・恐るべし。

バトルを制しての4位だから価値ありますよ。
おとうちゃんも興奮できたようだし、楽しめたレースだったようですね。

ノイズボックス・・そういう効果があるんだ~勉強になります!!覚えておこう・・・
それにしてもエンジンの回転数15000回転!?エンジンは違えど、これくらいは回さないとレースに出る事は出来ないのか・・・・

>ゆうがパパ
疲れました。
レースは、精神的にも肉体的にも疲れます。σ(^◇^;)
ノイズボックスであんなに変わるとは思いませんでした。

>RMRさん
胃が痛くもなりましたが、楽しめましたし、楽しませることが出来たレースでした。

>ヒロパパ
瑞浪では弁当箱のほうがいいんですけどね。
回転数はだいじょうぶ。
ウチもカデットで出てたときは13000しか回ってませんでしたから。
ちなみに、今回石野でも100km/hの大台まで到達しました。

すばらしいの一言ですな!

クロスラインで抜くところがすごい!バカNEOにはできない芸当です。

瑞浪最速男をやぶって かなり自信がついたでしょう!

ウチも12月の瑞浪のレースに SL日本最速カデット軍団に戦いを挑みます。

まぁ~ ボコボコでしょうが・・・(笑)

>NEOパパ

ありがとうございます。
レースは頭も使わなきゃならんということがよくわかりました。
自信をつけて、一発の速さも身につけなければ。

おぉっ!瑞浪に出るのですか。
あそこのカデット軍団は、怖ろしく速いですからねぇ。
53秒台なんて、どうすりゃ出せるのやら。
強敵倒して来るのを楽しみにしてます。

うむむ・・クロスラインからの立ち上がりでオーバーテイクですか・・・
レポートに興奮しました(*^_^*)

ブロックもなくクリーンで素晴らしいレースでしたね。
でも相手がベソかいていたとかっていうのは、別に書く必要ないんじゃないでしょうか?
書かれた方はきっと気持ち良くないと思うのです。こういうことがイジメにつながったりすることもあります。
以前から自分のお子さんの良いところを強調するために他のお子さんを出汁に使われますが、相手が知ったら嫌な気持ちになります。
せっかくお子さんがすごいレースをしたのに値打ちがなくなりますよ。負けるときもあれば勝つときもあるのですから。

相手がベソかいていたと言うのは、それだけ彼も真剣に戦った結果と言うことですよね。

お互いが切磋琢磨していく過程だと思います。すばらしいのではないでしょうか。

>ドラさん
あれは見事でした。
今回は最後まであきらめない姿勢が見られたので、
同じ4位でも価値ある4位でした。

>無記名なお方
ここのくだりどうしようかちょっと迷ったのですが、
そうかもしれませんね。
みなさんに読んでいただいて不愉快にならない記事を心がけていきますので、
今後もよろしくお願いいたします。

>Tダ氏
フォローありがとうございます。
でもたしかに、ちょっとうかつだったかもしれません。
以後気をつけます。(_ _ )/ハンセイ

一度ならず二度までも抜いたのは脱帽!名無しさん同様に文句のつけようがないクリーンなレースを勝者にも敗者にも大拍手!すばらしいぃぃ!!!
それに引き替え今回最多台数だったSSチャレンジは前回ほどではないにしても酷かった。丸で当たり屋と勘違いしている輩も。
前回も今回もあれでお咎め無しというのも不思議?スポンサー増えて賞品増えてはいいけど・・・
そう言えば、ご子息のことを かっこいいぃぃ! と言ってたギャラリーが大勢いた。これからはお父さんはそっちの心配も必要かも???
そして次からはレースでもマークされますよぉぉぉ!!!有名税ってことで・・・

>大拍手さん
コメントありがとうございます。
SSチャレンジは、危ないですよね。
ジュニアで出されたリスタート旗、SSチャレンジでは意味がわからない人もいたかもしれないし。(^◇^;)

そうか、マークされちゃうかぁ。
ジャニーズ入れるためにはバク転できなきゃならんからなぁ。
習わせるか?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石野Rd.4~予選・決勝ヒート~:

« 石野Rd.4~TTまで~ | トップページ | フリーダ車検終了 »