« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の記事

原因チェック

最終戦で遅かった原因は何なのか?

こないだの日曜日はフリーダが車検なので、鈴鹿へ東西統一選を見に行く予定でしたが、車検を土曜日までに上げてもらい、原因チェックのためにつま恋へ。

空は最終戦のレース日同様のどんより曇り空。
前日は結構な台数が走ったというし、このコンディションならきっと先週の再現が出来ることでしょう。

レースと全く同じセットにして、
L1230391 走行開始

見事にほぼ同じタイム。(^_^;)

レース中にやったセット変更も試しますが、やはりほとんど改善せず。

そこで、もしかしたらと気になっていたセットを思い切って試す。
L1230395 果たしてこんなんでよくなるのか?

すると、一気にタイムアップ!(^^)v
クルマの動きも格段に良くなりました。(^o^)

それに気をよくしたのか、同じくタイムアップしたミッキーと、
L1230396 なにやらシュンシュン号で、
遊んでます。

ただ、まだちょっと気に入らないとこがあるというので、
昼休みにこれまで手をつけていなかったところにも変更を施します。
これでさらに良くなればいいんですが、、、

と思ってたところへ、無情にも雨粒が落ち始めてしまいました。(×_×;)
それもビミョ~に。
これじゃレインタイヤ履くまでもないし、、、エンジン痛むし、、、
と、一瞬悩みますが、へたれメカとへたれドライバーは、速攻で午後からの走行はキャンセル!σ(^◇^;)

したらば、午後一のセッションが終わる頃には、路面はドライに。(^_^;
シマッタ~、キャンセルするんじゃなかった~(;^_^A アセアセ…

というわけで、午後からはゆっくり片付けしながら、ライバルのチェックして過ごす。
さっきの雨でコンディションが悪化したのか、みんなタイムは出ません。

暇になった南斗は、シュンシュンにちょっかい出してます。
L1230398

同じく、へたれたミッキーと見学(^^ゞ
L1230401
L1230403
午後からも精力的に走ってたシュンシュンとダイキネンは速かったから、
やはり独特のコンディションではあったようです。

L1230407 ま、とりあえずこのタイムの更新は、
今度の土曜日に、さらなるセットの詰めでやればいいや、、、
と思いきや、台風来てんじゃん!(;>_<;)
ん~、しょうがないから雨練かにゃ~、ヤだな~
ダイレクトエンジン持ってくかな~、スピンしたら困るな~

そうそう、全国大会のパドック割りが決まりましたので、チェックしてきました。
L1230408 遠いにゃ~
しかもかなりキツイ坂が目の前に立ちはだかる。
普通に歩いてもコントロールタワーまで1分以上かかりました。

L1230409 まあ、環境的には悪かないとこです。

いよいよ来週か~、きんちょーするな~

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

つま恋最終戦~決勝

【決勝ヒート:20周】

相変わらずの曇り空。
気温も下がってきたので、エア圧を気持ち高めにします。

2列目4番グリッド、アウト側スタート。
L1230360 少し斜めにセット。L1230361 真後ろにはスタートのうまいFくん。

さあ、スタートです。
2n0x3697 何回経験してもドキドキします。

またしてもPPのペースが速く、
2n0x3701 隊列整わずやり直し。
2回目も同じくやり直し。
石野ならきっと赤旗中断の状況の中、なんとFくんがエンジンをかぶらせてしまい、
1コーナー手前でストップしてしまう。

レースはそのまま3回目のローリングからスタートが切られる。
2n0x3709
PPが一気に加速し、イン側のダッシュがいい。
アウト側は出遅れたが、なんとかノーズをイン側へ潜り込ませていく。
2コーナーを立ち上がったところで5番手。
まあ、これは想定内。
ここから、ここから。

と思った3コーナー!!!
2n0x3712
後ろからぶつけられ、リアタイヤに引っ掛かったままアウト側まで押し出され、その隙にダダダっと後続3台にパスされ、8位後退。(×_×;)

まずは1台オーバーテイクし、7位へ。
2n0x3721
2n0x3729_2

つづけて、最終コーナーでズバっと仕掛けて前へ出るも、ギヤをかなりかけてるのか相手の加速が良く、立ち上がりで差し替えされる。
ラップタイムはかなり遅いのだが、この選手がフタをするかっこうになり、
6位以降数珠つなぎ。
2n0x3739
ミッキーも迫ってきました。
でも、ミッキーはこのあと最終コーナーで仕掛けて、引かなかった相手と一緒に飛んでしまいました。(`_´プンプン)

なんとかぴったりはりつき、ロックオン!
2n0x3751
2n0x3754
ようやく3コーナーでオーバーテイクを決めて、引き離しにかかるが、
時既に遅く、5番手を走るヒロキくんは遙か彼方。

結局単独走行のまま、6位フィニッシュ。

6位に上がるのに時間がかかりすぎた。
せめてヒロキくんとバトりたかったなぁ。

というわけで、前戦に引き続き、6位。
またしてもぶつけられてしまったということもあるが、なにより速さが足りなかった。

このタイムが出ない原因は何なのか?
なんとかせにゃなりません。

今回3位に入ったシュンシュンがもらった賞品は、
L1230367 前にももらった魚焼き器(^^ゞ
ま、それだけ表彰台に上ってるってことだな。

レース後、シュンシュンのとこに
L1230369 乗せてもらってショップに帰還。
お疲れモードです。

みんなお揃いのチームシャツ着て、夕食。
L1230372

L1230373 スタミナつけて、
全国大会に向けてがんばるべ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

マジンゴー!!!

Image1961_2
水木御大

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

代車

フリーダが7回目の車検。

もう15年選手であります。

ドライブシャフトブーツが破れてた。(×_×;)

ラヂエータに冷却水が殆どは入ってなかったらしい。(×_×;)
おっかしいなぁ、普通に走ってたし水温計もはっきりと覚えはないけど、
そんな異常な振れ方してなかったはずだし、、、

ま、なんにしても15年も経てばゴム系パーツの劣化はしゃあないね。

というわけで、代車生活を送っておりまする。

今回の代車は、
L1230376 さあ、なんというクルマでしょう!

鮮やかなきれいな赤ですな。
こうして較べると、Fitの赤ってドス黒いなぁ。

雨の夜に乗って帰ってきたんだけど、
操作系は独特で、コクピットドリルしないとムリ!

特にドアミラー調整したのはいいけど、たたまれちゃって元に戻らなくなって焦ったのと、ウォッシャー液出そうとしてもリアワイパーが動いちゃったりして、全然わかんなかったのは焦った。

リクライニングも左側のダイヤルだし、ライトはダッシュボードにスイッチあるし、
当然ワイパーとウインカーは逆だし、パッシングは2度引きだしと、とことん操作系が違うのも困りもんです。
パワーウインドウのスイッチも使いにくく、ワンタッチ作動もしませんし、
当然ながらリアウインドウはクルクル手回しです。

でも、操作系は慣れりゃなんとかなるからよしとしましょう。

問題は日本製ATがお馬鹿なこと。

それ以外は欧州フォードらしく、しっかりした走りでいいですな。
エンジン音が加速時にガサついたカンジなのはご愛敬。

そうそう、このキーはいただけませんな。
L1230378 というわけで、やっぱり買いたいとは
思いませんな。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

つま恋最終戦~予選まで

最終戦当日の朝、予報通りどんより曇り空。

最近、冷えた路面で調子がよいので、これは天が味方してくれたか?

我が家としてはいつもより早めにつま恋入り。
前日きっちり準備しておいたので、あっという間に準備完了。
早々に受付に南斗を並ばせ、オイラは車検に並びます。
L1230327 サクっと車検を終わらせ、
チームメイトのひやかししながら、
L1230328 ゆっくり待ちます。

このとき既に受付は長蛇の列。
車検もなが~い列を作ってます。

早めにどちらも終えておいて正解でした。

受付なんて、石野のように前日にやっちゃえばいいのにねぇ。

で、車検に長い列が出来ているというのに、ブリーフィングスタート。
L1230331 おいおい、まだ全員参加してないぞ!
しかも、今回また変なこと言いよる。

TTで、チェッカー振られてもその周はタイム計測するとのこと。
チェッカー振られたらピットに戻るのが当たり前なので、困惑するドライバー達。
それに、この方式じゃ誰が本当のチェッカーなのかわかんないじゃん。

こんなんで全国大会大丈夫かいな?

L1230337 速く走れますように。

L1230344 カデットの公式練習を見て
路面状態をチェック。なんかイマイチっぽい。

L1230345 あいかわらずの曇り空で、
テント内も薄暗い状態が続いている。

一番前をゲットして、さあ出番です!
【公式練習:10分】
L1230346 エア圧調整にピットインしてきて、
開口一番「動きが良くない!」って、いつもより時間が短いので、
セット変更してる暇はありません。

なので、ドコをどう直せばいいのかをしっかり考えて走ってこいと送り出します。
したらば、またピットインしてきて、「ダメ」って、だから考えてこいっちゅうの!
昨日いい加減に練習してたツケが回ってきたようです。
1レース落ちのタイヤといえど、前日のタイムも上回れず、
35.4秒台に入れるのがやっとで、なんとか4番手で終了。

トップは35秒フラットで、0.4秒以上の差。
本来ならそこにおまえがおらなあかんやろうに!(-.-#)

こりゃあなんとかせにゃいけません。
でも、前日ほとんどセットをいじってないので、どう変えたらいいかわかりません。
社長とチームメカに南斗から症状を説明させ、アドバイス受けてセット変更を施します。
これで良くなってくれればいいんですが。

【TT:6分】

いつもより1分短いし、21台と台数も多いので、早めにタイムを出していきたいところ。
L1230350 もちろん一番前をゲットです。

でもMOTOKIくんの出だしが異常に良く先行されます。
まあ、ここはチームメイトなんで、引っ張ってもらいましょう。
けれどもペースがあがりません。
そこで後方はミッキーだったので、減速して間合いをとります。

けれどもやっぱりタイムが伸びてきません。
タイムボードにも表示されません。

こりゃあヤバイ!(;^_^A アセアセ…
タイム的には3位以降どんぐりのようなので、僅かな差で大きく順位が入れ替わりそうだから、最後まで全開アタックを続けさせます。

だけど、5位以内に入らないままチェッカーが振られる。
最後の1周、なんとかしてこいとペースアップのサインを出しまくります。

けっこういいペースでミスなく4コーナーを立ち上がってきたので、なんとかなるか?

と思いきや、目の前にスローダウンしてるカートが!(-.-#)
やっぱりちゃんと聞いてなかった輩がおりました。(`_´)
そいつにひっかかり、終了~(×_×;)
わかってないならスローダウンなんかしてずに、さっさとピットインしろっちゅうの!

結局5位以内に入れなかったので、何位なのかわかりません。
ドキドキしながら結果を見に行くと、なんとか6位。
やはり3位から9位まで35.4秒台にびっしり詰まってます。
トップはひとり35秒フラットで頭抜けてます。

動きはだいぶ良くなったと言うが、やっぱりなんかおかしい。
地元勢が軒並みタイムを落としてるし、今回の路面はなんか違う。
ラバーがのってるからなんだろうが、それにタイヤがあわないみたい。

なので、南斗の意見を聞いてセット変更を施します。

【予選ヒート:10周】

6番手、3列目アウト側、びみょ~なグリッド。
L1230354 なんと!りょーへい4番手!
これは負けられない。

6番グリッドって、カート搬入口のとこなんで、隅っこによけてちぢこまってないと
いけないという、これまたびみょ~な位置なのよね。
L1230356 みんなグリッドにつきましたので、
コロコロと位置を修正。

ポールのペースが速すぎて、隊列揃わずやりなおし1回からスタート!

やっぱりポールが早く、アウト側が出遅れる。
でもなんとかイン側へもぐりこみ、1コーナーをなんとかぬける。
3コーナーで前がやり合ったところをごっつぁんですと5位浮上。

動きはさっきよりいいみたいで、タイムもさっきより上がり、トップタイムをマーク。
Fくんを3コーナーでズバっと刺して、前を追う。

3番手にピッタリ貼り付き、Z出口で仕掛けて前に出るが、加速が鈍ってストレートでやりかえされちゃう。

トップ2台は逃げちゃってるんで、なんとかイン側3番手にしたいところ。
3番手のタイムは遅くてフタをしてる格好になって、後方からも2台が迫って4台のパックのままレース終盤。

結局抜けないまま、4位チェッカー。

ん~、また不利なアウト側か~。
少し改善したものの、まだなんかキレがないな~。

と、不安を抱えたまま決勝に臨むのでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

つま恋最終戦~前日

全国大会前哨戦とも言えるつま恋Rd.7!

100台以上のエントリーを集め、パドックは大混雑。
L1230313

慌ただしく準備する中、ソーイチロー選手が
L1230310 遊んでました(笑)

もちろん朝からクラス分け。
L1230316 OHした練習用エンジンのナラシから
だけど、ジュニア15台、エキスパート21台のエントリーなんで、
クラス分けされても大渋滞!(@_@。
そんな中、粛々とナラシを遂行。

無事ナラシを終えて、
L1230317 全開走行に移行します!

しかし、スゴイ台数でなかなかクリアラップがとれません。
L1230320 ピットロードも大渋滞!

クラス分けも4クラス分けとなって、15分しかないので、
セッション内でのセット変更もままなりません。

昼休みも返上で走行時間にしてくれましたが、たいへんです。

結局、思うようなタイムも出ないし、いつものキレがありません。
ドライバーにもやる気が感じられず、どこをどうしたらよいかも言わないし、
すぐにチームメイトと遊びまくってるので、
イラっとして、怒鳴りまくってしまいました。σ(^◇^;)

タイムが出なかったので、念入りに準備。
へたれドライバーも反省したのか、おりこうにお手伝いしてくれました。
真っ暗になっちゃいましたが、照明を持って行ってたのでヨカッタ~(^o^)

レース当日は、好転することを願いましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ふぅ~ヽ(´・`)ノ

疲れました。

レース疲れと、仕事が忙しく、帰ってきたらすぐ寝ちゃうんで、

更新できません。

レースレポートはぼちぼち書きますんで、よろしく。m(__)m

今週末は、トランポが車検なんで、鈴鹿に全日本観戦の予定でしたが、
不調の原因さがしをしたいんで、なんとかカートをつま恋に運ぶ手だてを考えて、
つま恋練習をしたいと思っております。

でも、土曜日は美容院と会社のお祭りだから、行けても日曜日だけ。

でわでわ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

エンジンOH

石野Rd.7の翌日、体育の日。

この日はカートはお休みの予定でしたが、ペースアップできなかった原因探しと課題クリアのために急遽つま恋へ。

L1230283 AUTO SPORT誌が取材に来てました。

少し寝坊しちゃったんで、東名とばして7時半に着いたのに既にパドックはいっぱい。
ダイキネンパパに確保しておいてもらったスペースに潜り込ませてもらいます。

20時間オーバーの練習用エンジンで走らせますが、全然パワーがない。
おっかしいなぁ、土曜日までは絶好調だったのに、、、(・_・、)

プラグホールから覗いてみると、排気ポート側だけが湿ってる。
こりゃなんかおかしいな、ってことでバラバラになる前に使用を中止。
こんなエンジンで練習しても練習の意味がないもんね。

ホイールもKKじゃわからんので、レースで使ったホイールに嵌め替える。

不甲斐ないレースの後だけに、とってもおりこうに走り込みます。
でもなんかパッとしない。

この日のターゲットタイムは、またしてもスーパーKTの選手です。
それともちろんダイキネン!
けれどもダイキネンには遠く及ばず、しかも何度も抜かれまくります。

そこへ社長からアドバイス。
ブレーキペダルの位置を変えなさいというので、合わせてみると、
「イヤダ」とぬかす。(-.-#)
だけど、勝手に後から変えておきました。ヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

その効果か、かなり良くなってきました。(^^)v

L1230285 シールドも光り輝きます。

この日のエキスパートはあまり多くなかったものの、
L1230290 ジュニア勢でごらんの通り。
まるで電車です。(^^ゞ

そんな中、抜群の速さを見せ、ぐんぐん前に追いつきます。

がっ!追いつくのになかなか抜かないから、思いっきり×を出してやります。
するとズバっと抜いてきます。
サイン出される前にやれっちゅうの(-.-#)

抜かずに押しまくってたもんだから、フロントカウルは穴だらけになっちゃいました。

20分連続で走り込んでもペースアップできましたし、フロントの入りが悪いという症状も全く出ないと言います。

休憩時間には気分転換。
L1230295 ←なんでしょう?
L1230296 悪ガキどもが寄って集ってます。
L1230298_2 シュンシュンがいぢめられてました。

でも、走行時間が近づくとちゃんと準備して、真っ先にピットアウトしていきます。
L1230304 このふたり、絵になりますな。
ダイキネンとの走り込みは、ほんと良い練習になります。
だけど、初めてマイカートで走ったとき偶然トヨタレーパーで一緒に走ってたんだよね~。
しかも、SLライセンス取りに初めてつま恋に行ったときもダイキネンが走ってて、
あんなふうに速く走れるようになれるかな?

なんて言ってたのが、今では一緒に走れるレベルにまでなりました。(^o^)

最後のセッションでは、そのダイキネンに刺されても差し替えしてましたし、
その後は抜かれることもなかったので、上出来でしょう。

そうして、22時間で使用を中止したエンジン。

社長に先に持って帰ってもらい、後からショップに行くと、
既に分解されてました。
L1230308

新型ピストンは全く問題なく、まだまだ使える状態らしい。
ただ、やはり排気ポート側に少し擦れた痕があり、それで圧縮が抜けてたみたい。
排気ポート側だけなんか湿ってておかしいという見立ては正しかったようです。

原因は土曜日の雨練で、カーボンが落ちたせいじゃないかとのこと。

まあ、キズが深くなる前にOHに出せたし、
新型ピストンなら20時間は安心して回せるという証明にもなりました。

だけど、明日はナラシやらなきゃならんなぁ。
いくらクラス分けされても、エントリー台数がエキスパートだけで20台越えだというから、たいへんだなぁ。

でもこれで、全国大会に向けて万全のエンジン体制になりそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

石野Rd.7~決勝

心配された体のほうも、昼飯ガッツリ食ってたので大丈夫そうです。

マシンのダメージも、ゼッケンプレートが少し曲がっただけで異常はなさそうです。2n0x3474

L1230241 ぶっちぎりで優勝したジョーを見習って、
良いレースをしたいものです。

【決勝ヒート:15周】

またしても不利なアウト側4番グリッド。
L1230253 並び順も予選と全く同じ。
2n0x3479 引き締めていきましょう!

予選と同じく、ローリングが繰り返されることを想定し、燃料は少し多めに積んでおきました。
というのも、ツッチーが100g重量が足らず、車検失格になってましたからね。

2n0x3493 予選同様Fクンのダッシュがいい!
南斗は押しながらそのまま1コーナーに進入!
2n0x3494_2
2n0x3495_3 2番手でバックストレートを
折り返します。

こりゃあ、またしてもリスタートか?と思いきや、レース続行!
2n0x3502 チャンス!
トップにぴったりつけてるし、いつでも抜けそうな勢いです。
2n0x3504 シリーズ4位までの選手の争い。
全員優勝経験者で、誰が勝ってもおかしくない状況です。

2n0x3506 行けっ!抜けっ!
2n0x3515 タイム差はなく互角の戦い。
なので、なかなか抜けません。

しばらくはぴったりつけてたし、3番手も引き離していたのに、
少しずつ離されていく。
そこへ帝王が襲いかかります!(゜◇゜)
2n0x3520
2n0x3521 サクっとやられちゃいます。
2n0x3527 がんばってついていきますが、
2n0x3532 ヒロキくんにもサクっと抜かれます。

その後は、少しずつ離されていきます。
どうもペースが落ちたと言うよりは、みんなペースアップしてるのに、
南斗だけペースアップできない様子。
序盤良かったクルマの動きも、なんかおかしい。
2n0x3538 インリフトしすぎか?
↑この僅かなタイム差がじわじわ効いて 、

2n0x3542 こういう差に。

結局、4番手のままチェッカー。
2n0x3550

「全然フロントが入っていかない!ブレーキもきかない!」と
怒りまくってます。

周りからも、「エア圧高かった?」「タイヤたれた?」と聞かれますが、
そんなことは全くなく、原因不明。

予選後にブレーキピストン出てきちゃってて、ブレーキ引きずってたんでクリアランス広めにしておいたんだが、どうもそれでブレーキングがうまくいかなくてフロントが入らなかったんじゃないかと推測。

だとしても、序盤にあれだけ詰め寄りながら抜きにいけなかったのがイカン!
同じ日にオーバーテークショーを繰り広げた可夢偉のパッシングを見習って欲しいもんです。

それにしても、勝つつもりで挑んだこのレース。
結果は、なっちゃいけない4位。(×_×;)
しかも、TT・予選・決勝と全て4位。(×_×)
でもね、これで1位から5位までのトロフィー全部揃ってコンプリート!(苦笑)

南斗は相当悔しかったのか、ずっとオカンムリ。
表彰式でもムスっと仏頂面のままで、記念撮影でもトロフィー後ろに隠してるし、
L1230261 ま、いいんじゃないでしょうかね。
課題はいっぱい出来ましたので、ひとつずつクリアにして、
次に備えるしかないですな。

SSオープンクラスでは、仲の良いタツキくんが素晴らしいレースを見せ、
優勝!\(^O^)/
L1230280 このクラスはもう、
中学生以下しか上位にいないですな。

L1230266 レースクイーンとへにゃママ(^^ゞ
今週末のつま恋、一緒に頑張りましょう!

ここのところ運の良かった石野ながら、抽選会でもなーんにも当たらなかったんで、
夕食は吉野屋(^_^;)
L1230281_2L1230282
でも、牛鍋丼美味しかったよ。(^o^)

運はつま恋に取っておきましょうかね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

石野Rd.7~予選まで

前日の雨はドコへやら、朝から青空が広がってきました。
路面はフルウェットながらも、太陽も顔を出し、みるみる乾いていきます。

土曜日の段階では、午前中はまだウェット路面と読んでいましたので、
ウェット仕様で組んでありましたから、エンジンをレース用に載せ換え、
スプロケ交換し、スタビ付けたりと、ドライ仕様にします。
L1230210

でも、車検時はまだリアタイヤはレインタイヤのままにしておきます。
L1230217 もちろん、
「この仕様で走るの~?」って、言われました。(笑)

【公式練習:7分】

公式練習が始まる頃には、日陰になってる最終コーナー以外は
ほとんどドライ路面になりましたので、満を持してNEWタイヤ投入です!
L1230228

抜群にグリップするし、クルマの動きも良いと言うことで好感触を得ます。
周回数は最も少なかったものの、タイムは2番手。

【TT:5分】

いつもペースの速いFクンの後ろにつけていく作戦で行きます。

がっ、前の2台のペースがイマイチ上がりません。
明らかに南斗のペースは速く、ぴったり後ろにくっついちゃってます。
なので、少しスペースを取れと指示を出します。
それでも追いついちゃって、なかなかタイムが出せません。
2番手タイムを出していますが、最後の周にパタパタと僅差で上回られてしまい、
南斗の後ろにつけていた帝王が、スリップを使って一気にトップタイムを叩き出します。

これで4位ドロップ。(×_×;)

ラプコムのデータではトップタイムが出ておりましたので、完全にアタックミス。
まだまだ間合いの取り方なんかがあきまへん。

調子が良かったんで、一番先頭で出せばヨカッタと言っても後の祭り。

【予選ヒート:10周】

タイム的には問題ないので、スタートを無難に決めていけばなんとかなるでしょう。
不利なアウト側スタートですので、兎に角安全にと指示します。

L1230234

フロントローアウト側のFクンが、抜群のスタートを決めてくれましたので、
ぴったりつけていき、2番手浮上、、、がっ!リスタート。
コントロールラインを先に超えてしまったようです。
やり直しから日章旗が振られ、同じく2番手浮上、、、がっ!
またしてもリスタート。
理由はおんなじ。
結局、赤旗。

仕切り直しからのスタートは、慎重になったFクン。
そのため、グリッド通り4番手でバックストレートを折り返します。

序盤からペースは良く、ストレートで3番手浮上。
後ろを引き離し、トップ2台に迫ります。
でも、トップ2台がやりあってるところへくっつきすぎちゃって、
少し失速したところを、5コーナーでやり返されてしまいます。

暫くは等間隔でレースは進みますが、ラスト2周で前の2台が動きます。
3・4番手は、様子を見ていくと行った展開。

ファイナルラップに入っても、トップはガチンコのつばぜり合いを繰り広げます。
6コーナー立ち上がりでやりあって失速したところへ、3・4番手がくっつき、
集団のまま8コーナーへ飛び込みます。
一番イン側にポジション取りした南斗は、うまいこと小回りして、
3番手か?と思ったところへ、後ろから乗り上げられ、後頭部と右肩に、
フロントカウルが激突!(@_@)
首ががくんと前後に振られてましたので、心配です。
hiro渡辺さんも「後頭部にヒットしましたが大丈夫かっ!」と叫んでます。

これで失速し、4位。

戻ってきた南斗に、乗り上げてしまった選手が「大丈夫?」と心配して
声を掛けてくれますが、
「いてーな!この野郎!」などと暴言を吐いてましたから、大丈夫そうでほっとします。
でも、あれだけ首が振られてたので、しばらくして気持ち悪くなったりしないか心配です。

つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

石野Rd.7~前日

今回はこれまで、つま恋→石野連戦から、石野→つま恋。

よって、NEWタイヤ投入が、今シーズン初めてとなる石野Rd.7!
ドライセットは、先週かなり決まってきたし、最良の状態で乗り込んだものの、、、

無情にも雨(; ;)ホロホロ

石野ではシリーズ3位まで、パドックにこんなプレートを掲げてくれます。
2010rd7_004 実はコレ、初めて。
優勝してる回数も表示してくれますが、1回でも勝っててヨカッタ(^^ゞ

まあ、雨なら雨でしょうがない。
ってことで、楽しむことにします。
2010rd7_007 カウルに水が入らないように
小太りニコちゃんマークで防水対策を施します。

2010rd7_010 久しぶりのレイン走行ですので、
まずは、慣れることから始めます。

2010rd7_011 それなりに走れているようです。

エンジンも絶好調!
2010rd7_035 やっぱり雨はDENSOプラグが
調子良いようです。

ちなみに、使ってるタイヤは、
2010rd7_047 昨年のタイヤ!(;^_^A アセアセ…

スリックカート状態で、ズルズルながらも、
2010rd7_110 43秒フラット!(^_^)v

かなりドライバーも慣れてきたようです。
2010rd7_123 走行後は、こんなでした(^_^;)

タイヤもなくなっちゃったんで、午前中で切り上げます。

ま、このタイヤでこれだけ走れれば、大丈夫でしょう。

早めに切り上げたんで、夕食はゆっくりお好み焼き。
2010rd7_124
2010rd7_125
2010rd7_126
2010rd7_128

美味かったッス(#^.^#)

早めのチェックインで、
2010rd7_130 まずは一杯!
2010rd7_131 続けて!( ^_^)/□☆□\(^_^ )

明日は、お天気びみょ~だけど、なんとかなるべさ、、、

って、わけで、寝よっと(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

充実練習~つま恋編

石野での練習から一夜明けて日曜日。
今度はつま恋でテストです。

いつもより道が空いていて、早めに到着したのにパドックは既にいっぱい。
ミッキー親Gとシュン父が確保してくれていたところへ潜り込ませてもらいます。

本日のメニューは、前日の石野のメニューに加えて、前輪のホイールも変更。
さらには、レース用にしているホイールとの比較もしてみます。
まずは、フリーラインのマグからテスト。
L1230031

それと、ナラシを終えたレース用エンジンの回しこみもやらなきゃならず、
メニューはおなかいっぱいの内容です。

ですから、
L1230027 しっかり添加します!

シュン父が仕事で来られないシュンシュンのマシンは、
ブレーキが全然調整されておらず、見かねたブレーキ職人が、
L1230028 渾身の調整を試みます!
それでも、これが精一杯。
ブレーキはこまめに調整しましょう。

10時からクラス分けされましたので、クリアラップも取りやすく、
ライバル勢との比較もしやすいですし、セットの変更時間もきっちりとれるので、
テストにはうってつけです。
L1230033 この日はダイキネンが、
運動会で自分の足で走ってるようですので、
ターゲットタイムはスーパーKT仕様の選手です。

遅れて娘と見学に来る予定のカミさんは、道に迷って南ゲートに行ってしまい、
L1230034 O石さんに道案内してもらいますが、
それでもなかなか辿り着けず、イラっときます(-.-#)
ナビはなんのためについているんでしょうか?(^_^;)

そんなこともあり、くたびれましたので、
L1230035 ゆっくりランチ。

ミッキーとシュンシュンもお疲れモード。
L1230037 モチロン、前日もみっちり練習した
ヘタレドライバーは、同じく熟睡しておりました。

午後2時からのセッションでは、満を持してギヤ比を7.6から7.8に変更。
エンジンは絶好調で、長い下りのストレートを持つ石野よりも、
トップエンドが伸びて、これまで見たこともない103km/hをマーク!(@_@。
回転は14900オーバーまで回ってますし、それでもまだ濃い状態なので、
やはりエンジンそのものの素性は、コチラの方が良さそうです。
それと、それだけ蹴り出しも良いと言うことなんでしょう。

ミッキーにも試してもらいましたが、やはり抜群にケリが良いとのこと。

3時からのセッションでは、レース仕様にしてアタック!
L1230055 スーパーKT仕様の選手と、
千分の一秒まで全く同じタイムをマークします。

ただ、まぁた抜けないクンになっちまって、いつまでも明らかにラップの遅い
カートの後ろをウロウロしてるもんだから、
「ガソリンの無駄遣いするな!」とカツを入れます。
L1230070 指導中~!

4時からのセッションでは、テストして良かったホイールにタイヤを嵌め替え、
違いが出るかテストします。
今度は、ブレーキングが安定するのか、蹴り出しが良いせいなのか、
追いついたらすぐさまズバズバ抜いていきます。
さっきのカツ入れも効いたのかもしれませんが、
ジュニアの上手い選手までも、4だけでなく6でもズバっと刺せてましたから、
タイム的にはそんなに変わらなくとも、このあたりがレースでは強みになりそうです。
もっとも、上手い選手ほど、安心して仕掛けられるというのもあるんでしょうが。

最後に、エア圧調整して、
L1230046 34秒台に入れて来いと、
送り出します。

L1230074 見事に目標クリアして、
気持ちよく練習を終えることが出来ました。(^^)v

マシンもエンジンも仕上がりました。
あとは、お天気の心配をするだけです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

充実練習~石野編

石野へ向かう途中、豊橋市内にて
L1230007 かっくいいですな。
でも、路面電車はゴムタイヤぢゃないよな~(^^ゞ

というわけで、土曜日練習のお話しのつづき。

まずは、前回の石野第6戦前日に、明らかにトルク不足を感じたレース用エンジンを
15時間しか回してなかったが思い切ってOHに出したので、

ナラシからスタート!
L1230010_2 新型ピストン投入~
これで2機とも新型ピストンになりました。

今回はいつもとやり方を変えて、ちょうどJK誌に載ってた方法でやってみる。L1230011

Hi全閉ってのは、やっぱちょっとコワイものがあるね。

でもこの方法は、ベストのキャブ開度がしっかり出せるのでいいですな。
ドライバーもしっかりキャブの調子の善し悪しってのがわかったみたいだしさ。

たっぷり時間をかけて、午前中はしっかりナラシと、フロントのセットを出す。

L1230012 新しくなったラ王、なかなかです。

午後からは、シャフトの効果と、アルミ→OTKマグ→フリーラインマグの
ケリの違いを試す。

そして、午後からはクラス分けもされたので、φ50の試乗をさせてもらう。

まずはショーヘイ兄ちゃんのSWF-Y30Cから。
L1230013 一言で言うと、乗りにくいらしい。(^_^;
ハンドルが滅茶苦茶重くて、動きがもっさりしてるとのこと。
ブレーキも評判通り、ブレーキングポイントが掴みにくいらしい。

自分のTIAのほうがいいなんて言うなんて、思いもよらなかった。L1230014 タイムもだいぶ上向いてきました。

そうして今度は、
L1230019 片ヤンのCRG・BADBOY!
ビレルとは、全然違う!ものすごくハンドル軽いし、シャープに動く。
ブレーキも扱いやすいし、すごくいい!
これは以前乗せてもらったブラックスターと同様の感想。

ん~、やっぱCRGが合ってるのか?

メカとしても、ブレーキのオートクリアランスはありがたいしなぁ。

久しぶりにタツキくんとも走りました。L1230025

そのスグ後ろにはSSSの王者も迫ってます!

自分のカートでの練習は、シューミくんがいっぱいお相手してくれました。
ジョーも絡んで、ためになるバト練ができました。

こうして、数々のテストをやれたし、試乗も出来たし、ドライバーは走りっぱなし、
メカはタイヤ交換やりまくりだったけど、充実した石野での練習が出来ました。(^^)v 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

充実練習

10月2日(土)

つま恋はバイクの日だし、(リューセイファミリーはつま恋まで行かれたそうですが(^^ゞ)
石野レース1週間前と言うことで、石野で練習してまいりました。

レース前日以外の石野での練習は久しぶり。

この日のメニューは、まずは1週間前の日曜日までさかのぼります。

9月の2レースで、どうもケリが弱いような気がしたんで、思い切って
L1220955 シャフトを入れ替えました。
L1220959 初めての作業で
L1220960 ちょっと心配でしたが、
案外サクッと出来ちゃいました。(^^)v

10ヶ月めいっぱい走り込んだシャフトから、昨年9月に入れ替えて、
4レースと8日しか走ってないシャフトへの入れ替えなんで、
きっとシャキっとするはずです。

でも、イモネジのネジロックがなかったんで買いに行きました。

したらば、
L1220964 あれ?(;^_^A アセアセ…

L1220962 ベイシアのお弁当は安いねぇ!

一通りライバル勢のチェック入れて、帰宅。
そうそう、この日は親子バイク教室やってました。
L1220966 南斗も連れてくれば良かったな。

大急ぎで帰って、ネジロックして向かった先は、
L1220969 久しぶりです。

L1220971 ( ^_^)/□☆□\(^_^ )L1220972 至福の時を過ごしました。(^o^)

それにしても、見本写真と見栄えが違わないか?
L1220975

、、、って、あれ?充実練習のハナシは?(;^_^A アセアセ…

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

代車

現在6ヶ月点検中の我がロードスター。
現在うちの車庫には代車が鎮座している。車は現行デミオだ。

全長と全幅はロードスターと大差ないのだが、屋根が高いのとハッチバックと言うことで結構でかい。
普段当り前に乗っていると気付きにくいのだが、こんな形であらためてロードスターのコンパクトさを実感。(^_^;)

しかし最近のコンパクトカーは便利になったねぇ。
初代のロードスターには無かったチルトステアリング機能なんかは当り前についているし、どうもピップポイントが高いなあと思ったらシートリフターも付いていた。(もちろん下げた)

ライトとワイパーはオートモードに。20年前には高級車しか付いてなかった機能だよ!と、若干隔世の感ww

って、約3倍の値付けな我がNCロードスターにも、ライトとワイパーにオートモードなんてついてないんですけど。(×_×;)
ワイパーのオートモードは、ちょうど雨が降ってきたら、勝手にワイパーが動いて気付いたんだが、なかなか賢い動作をする。
降り始めは、長い間欠動作で、本降りになったらシャカシャカっと速く動き、また小雨になると的確な間欠モードになる。
もっとも、タイマー調節可能な間欠すら我がロードスターにはついてないんだが、MISTさえありゃ、別にいらねえっちゅやぁ、いらねぇ。
撥水ガラスだしね。

しかし昔より進化しているとは言うけれど、オートマチックはやっぱり慣れないなぁ。
こちらの意思と実際の加減速感のズレが気になってしょうがない。
もっとも、フリーダと同じマツダ独特のホールドモードタイプな、トルコン式だったんで、
ま、こんなもんかってカンジ、というか、トルコンのトルク増幅効果のせいか、
加速そのものは、我が家のフィットよりとっても力強い。
同じ1.3Lとは思えないですな。
それと、シフトインジケータがあるとはいえ、シフトレバーのとこのレンジ表示にイルミがないのは、いただけないなぁ。

それにブレーキ。ロードスターはたまに運転する人間からするとアシストが弱く利きが悪いようにも思われることもあるようだが、あれはちゃんと踏んでやればその踏力に合わせて素直にブレーキの効きが追従するようになっている。
デミオ(に限った話でもないが)のブレーキは、しっかりアシストが利くのはいいが、立ち上がりが唐突で好きになれないなぁ。
というか、これは慣れるだろうと思いきや、静かに停めようとしても相当に神経使わなきゃできないブレーキって、エントリーカーとしてどうなんだ?

それにラヂオ。ロードスターのアンテナはリアフェンダーに短めのが立ってるオーソドックスなものだけど、受信効率はかなり高いらしく、受信難民になることはまずない。
デミオのアンテナは、ルーフセンターになが~いのがついてるので、水平偏波なFMを受信するにはうってつけのはずなのに、かなり電波が途切れる。
これはもしかしたらアンテナのせいではなく、純正ラヂオの受信性能かもしれないけどね。
あ、あと、音もとっても酷いのは、値段を考えれば仕方ないのか?
でも、フィットの純正ラヂオには不満ないもんなぁ。

でもまぁ、これまで代車でいいなと思ったクルマはまずなかったけど、ブレーキさえなんとかなりゃ、欲しいかなって思って、調べてみたらマツダでした。σ(^◇^;)

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »