« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の記事

散々な走り納め

12月30日

久しぶりにホームつま恋に戻って、走り納め。
P1030929_2
キンと冷えた空気の中、調子ヨサゲです。(^o^)

だいぶ路面も出来てきたところで、アタック開始!
キャブセットを少し変えて、調子を見てこいと送り出したところ、
2周目のバックストレートで、タイヤが吹っ飛びました(;>_<;)
南斗を追い越してすっ飛んでいくタイヤを目で追ってみると、
どうもスプロケついてます。
シャフトが折れたか?

やはり、スプロケハブの根本のトコからパッキリ折れてました。(>_<)ヽ
みんなに、「まだ新しいよね~」「そんなとこから折れるんだ~」って、
珍しがられました。
不幸中の幸いは、ストレートだったし、誰も巻き込まずに済んだこと。
飛んでったタイヤやチェーンが、誰にも当たらず良かったです。

3コーナー回ったあたりから、少し違和感感じて、4コーナー回ったとこからガタガタなって、ガクンとクルマが傾いたと思ったら、真横向いて、そこを右リアタイヤが追い越してったそうな。

早速、朝ミッキー親Gから、RKには使えないからと予備にいただいたシャフトが活躍します。
ミッキー親Gに手伝ってもらい、ワークス並みの早さで交換終了(^^)v
P1030943 残骸です。
でも、どうやらハブのスタッドボルトが少し曲がっちゃったようで、そのチェックやら、アライメント調整、チェーンガードが変形して当たるのでその修正と時間がかかり、午前の走行は出来ずじまい。

その間、ミッキーとシュンシュンは走り込んでました。
P1030936 ぴかぴかのRK。
P1030937 二人とも調子ヨサゲです。

お昼から、ようやく走行再開。
P1030944 ミッキーと同じペースで、
P1030945 走れてますから、
問題はなさそうです。

がっ!3コーナーで止まっちゃいます。
チェーン外れ。
スプロケハブ、締め忘れました。σ(^◇^;)

スプロケだけでなく、チェーンもダメにしちゃいました。(×_×;)

結局、シャフト1本、スプロケ2枚、チェーン1本駄目にし、
クラッチガード割れ、チェーンガード変形&傷だらけと、
散々な走り納めとなってしまいました。

これが厄払いとなってくれればいいんですがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

試乗会

エンジョイカップのレース後、来年モデルの試乗会。
ちょうどドライ路面となったので、無事開催されました。

来シーズン敵となるマシンの特性を知っておくのも大事と、乗らせました。

用意されてたのは、ビレルとCRG。
CRGにはアバンティが載ってましたので、とりあえずビレルの赤と青に乗ってきました。

Photo
片付けしてるうちに赤フレーム乗っちゃってたんで、見てなかったんですが、

Photo_2 青フレームの走りは、
Photo_3
かなりいいカンジ。

端から見てても、すごく乗れているように見えます。

走行後、様子を見に行くと、
Photo_4 ビレパシの佐々木社長に、
なにやらいろいろ聞かれてました。
「どちらもスゴク乗りやすいし、走ってて楽しい」
「ただ、赤はフロントの入りはいいがリアがついてこないカンジ」
「ブレーキは赤の新型はKOSMICよりきくし、コントローラブル」
「青のブレーキはロックするくらいきくけどTIAに似てるから問題ない」
なんてふうに、この他にもちゃんといろいろコメントしてました。

こりゃあ、やっぱり12年モデルのビレルは、調子ヨサゲ。
苦戦しそうです。
「でも、ビレルに買い換える銭ないしなぁ」って言ったら、
「スカラ狙って、またビレルに戻ってきて下さい」って言われちゃった。
商売上手なんだから、もう。(;^_^A アセアセ…

そうして表彰式を終える頃、雪がまた降り出します。
すごい降りになってきて、少し積もり始めましたので、
L1260600 こりゃヤバイ!
と、大急ぎで脱出!
豊田東ICあたりまで行ったら、ほとんど降ってなかったので助かりました。

その後、石野は一面雪景色になったようです。σ(^◇^;)
Photo_5 1日ずれててよかったねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

雪のエンジョイカップ

既報の通り、今年のクリスマスは、極寒の雪の中レースでした。(^_^;)

【前日練習】

今回は、FDオープンということで、KOSMIC投入!
P1030893

2年使ってへたったTIAとは違い、絶好調です。

全国大会で下ろして、石野最終戦と、練習に2日使ったタイヤでも、
38.4秒台と、こないだのレースタイム並みのペースで走ってます。
試しに07タイヤに履き替えてみましたが、37.8秒しかいきませんでしたので、
如何にフレームが速いかがわかります。
ちなみに、SSのレースタイムは37秒フラットくらいです。

というわけで、飛び道具のおかげでこりゃ楽勝だな~!
エンジョイキングの王子もSSクラス参戦だし、SSで出ようかな~。
L1260551 いいお天気だし、
L1260553 ころっけ蕎麦うまいし。

なんて、ポカポカ陽気の中まったりしてたら、16時過ぎに雪が舞い始めます。
アカン、こりゃやっぱ明日は雪かも、、、BSのレインタイヤは前輪しか持ってきてませんので、雪降ったら走れません!っていうか、雪積もったらレースできませんがね。

なので、そのままFDオープンでエントリー。

【石野ENJOY CUP Rd.4】

FDオープンクラス、FDジュニアクラスとの混走で、
5台&10台のエントリー。

トヨタ本社近くのホテルのあたりは、フロントウインドウこそ凍ってましたが、
路面はドライ。
でも、矢作川を渡ったら、路面はフルウェット。(T^T)
昨夜降った雪で濡れてしまっているようです。
当然ながら、コースもフルウェット。
P1030916 こりゃレインタイヤでなきゃ走れませんな。

蛇口も凍結して、
L1260561 このとおり

コスミックにSL-W2タイヤ初装着。
L1260562 琵琶湖全国大会落ちです。
さっぱしデータありませんので、セオリー通りフロントタイヤの中心線に合わせるようにリアトレッドを決めます。
L1260563 エア圧はとりあえず冷間で0.12

ギヤ比は1丁かけて80丁に変更。
キャブは5分だけLoを絞ります。

【公式練習:7分】

とりあえず4周で入れて、感触を聞くとまずまずとのこと。
ピットアウト後、2番手につけます。
ウェットでは、飛び道具コスミ君の威力も半減です。

【TT:5分】

雪がちらほら舞ってきました。
なので、カッパはおります。
タイヤの発熱がイマイチとのことなので、0.15まで上げます。
少し流れるというので、フロントスタビも外します。
L1260568 こういう冷えた路面では、
今シーズンのチャンピオンが圧倒的に速いので、後ろにつけていくように指示します。

トップタイムはやはりチャンピオン。
こりゃダメかな?と思ったところで、電光表示は全くの同タイムを表示します。
その差、表示されない僅か0.003秒差(@_@)
惜しい~!
結局、この僅差でPP取れなかったことが後々まで響きます。

【予選ヒート:10周】

少しリフトが足りないというので、フロントカラーを半枚ワイドにします。

フロントローアウト側、石野では不利な位置です。
L1260570
L1260571

スタートはなんとかしのいで、ポジションキープするものの、
4コーナーからの立ち上がりが悪く、5コーナーで2台に抜かれちゃいます。
その間にトップは逃げちゃいます。

2周目のホームストレートエンドで前2台がバトってる内側に飛び込み、
3ワイド~!

1台が目の前でスピン!

見事に前に出ます。(^^)v
したらば、白黒旗出されます。
なんで?なんかやったか?

だけどトップとはかなりタイムギャップあいちゃいました。
それでもファステスト叩きながら、0.2~3秒速いタイムで追い上げます。
だいぶ間隔を詰めたものの、結局、2位でチェッカー。

そしてお呼び出しです。
理由は抜きに行ったときに直前のカートがスピンしたのは、プッシングではないかとのことでしたが、全く当たってないということでお咎めナシでした。

前日練習で腰を痛めたhiroさんは、レース出場を断念し、
L1260575 本業に専念してました。

【決勝ヒート:15周】

それにしても寒いッス。(×_×;)

雪は降ったりやんだり、でも少し青空も見えてきました。
そこで、少し乾き始めることを想定し、0.01だけエア圧を落とします。
だけど南斗は、やっぱり戻そう!
まだ冷えてるからコレじゃダメだと言いますが、
いや、ブローが怖いからこのままにしよう、と意見が分かれます。
結局、オイラが押し通し、そのまま出します。

L1260577 久しぶりのフロントロー!
L1260581 みんなもう乗ってるのに、
L1260583 びよ~んびよ~ん!
L1260584 1分前なのに、乗りません。
L1260587 30秒前になってようやく乗車。
L1260586 余裕なのか?

スタートはうまく決めたものの、3番手ドロップ。
5コーナーですかさず抜き返し、2番手ポジションを奪い返します。

でもやっぱりオープニングラップのチャンピオンは速い!
なんとか食らいついていこうとしますが、だいぶ離されます。

だけど路面がこの後乾いてくれば、後半にチャンスあり!
けれど一向にタイムは上向いてきません。
それどころか、3,4番手のぶるーと勢が決勝ではペースを上げてきて、
追われます。
前を追うどころか、抜かれはしないものの3番手を振り切れません。
トップから3番手まで同じようなタイムで膠着状態が続きます。

こりゃ、なんとかしのいで2番手止まりか?
と思ったレース後半、周回遅れが出始めます。
1回目の2台に5コーナーであたりますが、なんとか抜いてきます。
でもその後出てきた2台の周回遅れに、またしても5コーナーであたっちゃいます。
しかも、青旗振られておらず、レコードライン走ってます。(-.-#)
仕方ないので苦しいラインで進入。
で、6コーナー立ち上がったトコでラインを塞がれます。
そのイン側を3番手がするりと抜けだし、抜かれちゃいました。(T^T)

それまでなんとかしのいできたものの、集中力が切れちゃったのか、
抜き返す速さはなく、そのまま3位チェッカー。
運が悪かったこともありますが、まだまだですな。

と言っても、ドライバーだけのせいじゃない。
あのとき、南斗の言うこと聞いてりゃよかったと思っても後の祭り。
メカの判断ミスです。
もっと運転手信じてやらなきゃいけませんな。
結局ドライ気味になったのは、2レース後からでした。
L1260599 この寒さじゃなかなか乾かない。
覚えておきましょう。

というわけで、抜かれたのはジュニアの選手だったため、順位は2位。
L1260594
だけど順位なんかより、セッティング、メンタル面ともに勉強となったレースでした。

これで今年のレースは全ておしまい。

来シーズンは、日本一になれるよう、頑張りましょ!(^^)v
L1260590

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

石野最終戦

【11月27日(日)】
TIAでの公式戦最後のレースとなる石野最終戦。
P1030744
スポット参戦なんで、目立つようにゼッケン77で臨みます。
2n0x7441_2
このゼッケン、前日忘年会から帰ってきた朝、速攻で作ってきたもの。
サイドはステッカー用シートがありましたが、前後はシートが足りなかったんで、
シートが入ってた袋に入ってた、ボール紙です。(;^_^A アセアセ…

TIAクラス、エントリー10台。
エントリーは少なめですが、強豪揃いです。
飛び入り参加でどこまで行けるか?

【公式練習:7分】
車検後、オイルがなかなか混ざらないほど寒く、路面温度も低いから、
急遽リアトレッドを狭めます。
エア圧は昨日決めた0.1のまま出します。
L1260527
L1260528
前日練習のタイムから全然期待してなかったのですが、
いきなりトップタイムを刻みます。(@_@。
あらま、タイヤは大事だねぇ。
調子ヨサゲですが、エア圧確認したかったんでピットへ入れます。
その間にタイムは上回られますが、まだ行けると言うから大丈夫でしょう。

ウェイト量ってみると、3Lしか積んでないのに3kg以上オーバー!(T.T)
仕方ないので、バランス狂っちゃう恐れも考慮し、左側の2kgを1kgに積み替えます。
エア圧も運転手の意見で0.005だけ落とします。

【TT:5分】
P1030746
P1030749
エア圧高めのせいか、序盤から電光表示の1番上にゼッケン77が灯ります。
やっぱTTで電光表示の上の方にゼッケン灯ると嬉しいですねぇ。(^o^)
間合いの取り方もいいし、好タイムが期待できそうです。
でも、既にチャンピオンを決めている選手が驚異的タイムを叩き出し、トップに立ちます。
みんなタイヤに熱入ってきて、どんどん抜かれ5番手までドロップ。
あちゃ、エア圧高すぎたか?
と思った最後のアタックで、見事逆転!(^^)v
3番手に飛び込みました。
ここはイン側スタート絶対有利ですので、上出来です。

クルマの動きは抜群にいいし、エンジンも調子いいと言うから、どこもいぢりません。
ローリングやり直しを想定し、0.5Lだけ燃料積みます。
L1260538

【予選ヒート:10周】
3番スタートってのは、ある意味気楽です。
隊列引っ張らなくていいし、ポールにピッタリついて行けばいいだけだしね。

案の定、ローリング決まらずやり直し。
スピード落とすトコが早すぎ、8コーナーからの上りで後方ダイレクトの2台がかぶって脱落。
さらに真後ろの選手もかぶらせてストップ。
ウチもLoが濃いから大丈夫か?しきりにHiを調整してます。
あちゃ~、こりゃ赤旗か?めんどっちいなと思ったらやっぱり赤旗中断。
フロントロー二人が呼ばれて注意されてます。
良かった、3番でσ(^◇^;)
燃料も保険で積んでおいて正解でした。
プラグチェックするとビショビショ。
新品なんて持ってませんから、パークリ吹いて済ませます。
無事再始動したのでほっとします。

やり直しからのローリングは一発で決まり、日章旗が振られます。
ぴったりトップに貼り付いて1コーナーを抜け、2位浮上!
ただ、4コーナーからの立ち上がりが悪く、バックストレートエンドで刺されます。
でもペースは悪くないので、ホームストレートで抜きに行くと、、、
なんと!この序盤からブロックラインを走られます!?(・_。)?(。_・)?
バックストレートでもブロックライン!
なんで?
その間にトップはどんどん逃げちゃいます。
どうやら、トップはシリーズ決めちゃってるから逃がしちゃっても問題なくて、
南斗の前後にいた選手がシリーズ2位を争ってたから、そういう作戦も仕方ないのかもしれない。
とはいうものの、ブロックを崩してかなきゃ前へは行けませぬ。
毎周執拗なブロックに、南斗もイラっときてるのがわかります。
そんなんですから、いつのまにやら後ろからも迫って来ちゃいました。

そして遂に5コーナー進入でブロックラインの内側をこじ開けて、オーバーテイク!
つづけて真後ろに付けてたヒロキ君も抜いてきます。
そんでもって、ヒロキ君にホームストレートであっさりパスされちゃいます。(__;)
ギヤ比上、これは想定内だからしょうがない。
最終ラップ、バックストレートエンドでインに飛び込みかけますが、やめます。
3番手スタートの方が決勝スタートで有利だからいい判断です。

というわけで、またしても3番。

【決勝ヒート:15周】
ポカポカ日差しも届き、路面温度も朝の9℃から20℃オーバーまで上昇。
なので、エア圧をさらに0.005落とします。
でも、お昼休みを挟みうっすら曇ってきて、気温も下がってきてしまいました。
路面温度も15℃まで落ちてます。
というわけで、0.01高めます。
燃料1.5L積んで、決勝に備えます。
結局、レースなのに朝5L作っただけで燃料足りちゃいました。
エコなのはいいんですが、これ以上体重増えたらホント引退です。

L1260541
L1260545
L1260546
2n0x7462
2n0x7463
2n0x7471

今度はローリング一発で決まり、日章旗が振られます。
2n0x7475
2n0x7477
2n0x7479
予選同様2位浮上!

でも、4コーナーまでに若干ポールに離されます。
2n0x7480
だけど、3番手も少し離したので、今度は単独でトップを追います。
オープニングラップこそだいぶ離されましたが、2周目からは離されることなく単独走行。
トップはイマイチペースが上がらないので、じわじわ詰めていきます。
しかし、後方からもペースのいいヒロキ君が詰めてきます。
2n0x7488
2n0x7496
そして、遂にロックオンされ、1コーナーでパスされますが、
なんとか離されずについて行きます。
2n0x7500

そうしてペースの上がらないトップをとうとうロックオン!
2n0x75202n0x7526
2n0x7508
ヒロキ君が5コーナーで仕掛けます。
南斗もピッタリ張り付きますが、抜けない。
2n0x7529
2n0x7531
残り2周、トップに立ったヒロキ君が逃げちゃいます。
なんとかもうひとつ上げたいところ。
2n0x7535
でも、、、
2n0x7538
2n0x7540
抜かない。(T^T)

ファイナルラップ!
2n0x7541 完全にロックオン!
2n0x7543
しか~し!敵も然る者、ブロックライン!
2n0x7544

バックストレートでも、完璧なブロックラインに阻まれます。
2n0x7548
2n0x7549

最終コーナーでも、きっちりブロックされ、勝負あった。(×_×;)
2n0x7555

鼻の差で3位
2n0x7557
2n0x7559

なぁんで1周前に仕掛けなかったんだ?って聞いたら、
「ファイナルラップで仕掛けようと思ったんだもの」って、
行けるときに行かんかいっ!
まだまだ甘いですな。

これまた久しぶりの再車検です。
L1260547 シリンダーまで抜かれました。(T^T)

ま、なにはともあれ、久しぶりの表彰台です。
石野の表彰式はシャンパンもおっきいし、黄色い帽子もあるし、
副賞もありますから、表彰台獲得できるのとそうでないとでは大きいですからね。

シャンパンファイトを、久しぶりに楽しんでおりました。
P1030753
P1030756
P1030766
P1030767P1030772

TIAでの公式戦最後のレースを楽しむことが出来ましたし、
スポット参戦でトップ争いに絡めたのだから上出来でしょう。
というか、この日のベストタイムは、石野での過去最高タイムでしたしね。

セッティングを南斗と一緒に考えて、成果が出せたのは収穫でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

石野最終戦~前日練習編

既に1ヶ月経っちゃってますが、、、σ(^◇^;)

全国大会で決勝だけ使ったドライタイヤがもったいない。
だけどつま恋最終戦は、資源回収で出られなかった。
そうだ!石野最終戦に出よう!

だけど、石野は今年のはじめにコスミックで1回走ったきり。
その後、全国大会お疲れさん会で半日走ったけど、
既報の通り前日練習は午後の4本のみ。

1本目、ギリ間にあって走らせたので、とりあえず感触だけ聞きますが、
全然グリップしないとのこと。
8月に下ろしたまだマシなタイヤに嵌め替えます。
でもめんどっちいので、ホイールは前輪がコスミック用マグ、後輪アルミです。
まだ真ん中にパーティングラインが残ってるので少しはマシだろうと思いきや、
こっちのほうがグリップしないと宣います。
見ればタイヤ表面はサラサラ。
夏場に熱の入ったタイヤはダメなのかね?
仕方ないので、キャブ設定に専念します。

先日の世界選手権での反省から、思い切ってLoを開けてみます。
ウチではやったことのない2時間まで開けてみます。
すると、立ち上がりがかなり良いとのこと。
ロガーのデータ見ても、しっかり立ち上がってます。

路面温度が急激に冷えてきた4本目、エア圧もウチでは珍しく0.1入れてみます。
コレもかなり好感触だというので、セットはほぼ決まりました。
タイムはもちろん全然出ておらず、38秒台に入れるのがやっとで、
ライバル勢にバンバン抜かれてました。(×_×;)
が、タイヤもったいないからスポット参戦なんでお気楽です。

最後に、データもう1回見直して、一番トルクの出るトコ使えてないなって、
南斗と相談し、スプロケ1丁かけて80丁にして、片付けます。
エンジンも練習用が調子よかったんでそのまんま。
シート被せてさっさとサーキットを後にしました。

この夜は車中泊の予定でしたが、ホテルの半額券を石野でいただきまして、
電話してみると空き室がありましたので、急遽ホテル泊まりとなりました。
二人で3750円なら、寒い思いするより良いもんね。

夕食はホテルの目の前にある丸源ラーメン。
P1030742 うまいっ!
歩いていけるから、生ビールも飲めちゃいます。(^o^)
P1030738

このホテル、昨年はいっぱい泊まりましたが、今年ははじめて。
今回行ったら大浴場が出来てました。
やっぱ大浴場があるといいね~!

さて、翌日はTIA最後の公式レースです。
有終の美を飾れるよう、良いレースをしたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

イヴなのに

イヴなのに、、、
P1030911 カートです(^^ゞ

イヴなのに、、、
P1030898 07履いた王子相手に

イヴなのに、、、
P1030905 バトってます(^^ゞ

イヴなのに、、、
P1030895 レースアナウンサーまで走ってます(^^ゞ

イヴなのに、、、
L1260555 とても寒いイヴなのに、、、
雪まで降ってきました。f(^ー^;

バカぢゃないでしょうか?(^^ゞ
P1030909 しかも明日のクリスマスは、
レースやっちゃうんだそうな(;^_^A アセアセ…

イヴなのに、、、
L1260557 蛇口壊れて、お湯が出ませんでしたので、
ウッチーが新品に交換してくれました。(^^)
へにゃパパの出番でしたよ~(^_^)v

イヴなのに、、、
L1260558 丸源でラーメンでした(^_^;)
L1260560 サスガに空いてました。(;^_^A アセアセ…

イヴなのに、、、
P1030912 ビジネスホテルにお泊まりです(^^ゞ

サスガに閑古鳥鳴いてます。(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

石野最終戦~渋滞編

11月最後の週末のお話し

渋滞~その1

金曜夜から泊まりがけで会社の忘年会だったんで、
土曜の朝10時過ぎに石野へ向けて出発。
余裕で昼休み前には着くだろうと思いきや、
音羽蒲郡IC手前の電光表示に「渋滞10km」との表示(×_×;)
岡崎ICまでは順調でしたが、そこから大渋滞。
「シマッタ!岡崎ICで降りればよかった。」と思っても後の祭り。
豊田JCT手前で多重事故のようで、全く進まない。(T^T)
こういうとき、3車線化も仇となるね。
というのも、ちょうど岡崎ICから上がってきた何台かのレッカーが、
路側帯ないもんだから、渋滞の列の中。
彼らが到着するまで、道路を塞いでる事故車両は片付けられないだろうから、
それまでこの渋滞は解消しないはず。
結局ずっと、ちょっと進んでは止まっての繰り返し。
ようやくJCT手前の事故現場まで辿り着くと、7台が絡む大きな事故でした。
なんでこんなとこで事故起こすかなぁ?
もうほんの少し先なら、路側帯もあってこんなに渋滞しなかったろうに。

このため、JCT通貨時点で12時30分。
間に合うか?
12時45分、石野サーキット着。
パドック入り口から、自分のパドックまでダッシュで荷物搬入し、
走行準備。
TIAの走行時間は13:20から、、、間に合うか?
大特急で汗だくになりながら走れる状態にして、
走行開始2分後には走り始めることが出来ました。(^^)v

渋滞~その2

レース後、17時半にはサーキットを後にすることが出来たんで、
そうだ!ちょうど香嵐渓の紅葉が見頃のはず。

ライトアップされてるの一度見てみたかったし、晩飯もあそこで刀削麺でも食べよう!

ってことで、いつもとは反対方向にステアリングを切った。
ここからなら、10kmちょっとだし、こんな時間から向かう人はそんなにいないだろう、、、

甘かったですな。

少し行ったところで、渋滞!(T^T)
しかも全く動く気配なし。
ちょうど猿投グリーンロードが終点となるトコの手前。
グリーンロードからも大量のクルマが香嵐渓方面に流入しているようです。

あきまへん。(´ヘ`;)ハァ

仕方ないので、あきらめてUターンして帰ってきました。

というわけで、渋滞に始まり渋滞に終わった石野最終戦でした。

へ?レースレポート?
そういえばレースも渋滞といえば渋滞にあったなσ(^◇^;)

書く暇あったら、そのうち書きます。(;^_^A アセアセ…

さて、年賀状作らなきゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

幸田最終戦

幸田サーキットの最終戦を、、、観戦してきました。(^^ゞ

SSクラスは、21台エントリーと盛況でした。

6番グリッドからスタートしたケンちゃんが、見事優勝!(^o^)
P1030885_2

トップより0.5秒も速く、みるみる追いつき、
ファイナルラップの1コーナーで、ズバっっっと刺して勝負あった!
南斗にも見習ってもらいたいもんです。

そして、シリーズも、なんと6位から一気に3位浮上!
P1030890
3戦欠場してるのに、3位とはたいしたもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

MZタイムアタック

11月20日(日)
つま恋シリーズ最終戦のこの日、ウチは資源回収のためエントリーせず。

10時頃つま恋に到着すると、まだこれから公式練習というところ。
各クラス6台と、寂しいレースです。

で、到着するなり「南斗君MZタイムアタック出るために来たの?」
?(・_。)?(。_・)? なんぢゃそれ?

昼休みに今回のレースに出てない人なら誰でも参加可能で、
MZエンジン積んだレンタルカートでのタイムアタックやるそうな。
折角来たので、エントリー(^^ゞ

でも、レーシングシューズしか持ってなかったんで、
ヘルメット、グローブ、プロテクターをしゅんしゅんから借りて、
P1030720 レンタルらしい出で立ちで出走。
1回目、まっちゃんから、「負けたら恥ずかしぞ~」って言われて、
プレッシャーかかったのか、走りがかたい。
アタック後の3コーナーでスピンしてるし。(笑)

トップタイムは、元全日本選手。サスガです。
とりあえず2番手タイム。

アタック2回目。
2n0x7239 いけ~っ!
2n0x7242 カッコはサマになってます。
2n0x7248 1回目の反省からか、
無駄のない走り方に変えてきました。
2n0x7255 結果、1回目のトップタイムを上回ります。
でも、サスガは元全日本選手、この後あっさり上回られてしまいました。
2回目はけっこういい走りしてたんですが、まだまだ走りに無駄があるってことですな。

こういうクルマにポンって乗って、すぐタイム出せるようにならなきゃいけませんな。
いい勉強になりました。

P1030726 久しぶりのつま恋2位表彰台でした(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

世界カート選手権~参戦記2日目

土曜日の走行のときの画像、単独で
EIKOのHPにアップされてました。

Suzuka111112_022

EIKOでゼッケン買ったからかな?(^^ゞ
でも、ヴィジュアル的には、けっこうイケてるからか?
ヘルメット以外は、笹原右京選手とスーツも一緒だしな。

明けて日曜の朝。

ウォーミングアップ走行は9時からですが、エンジン配布が6時45分からなので、
6時過ぎにはホテルを出ます。
L1260475 流石は世界選手権です。
鈴鹿のトイレにあった張り紙です。
でも、外国人は、洋式が空くのを待ってましたけどね。(^_^;)

エンジン載せて、ついでにキャブをチェック圧の一番高いものに変更します。
チャンバーもベコベコ仕様から新しいものに替え、スプロケは77丁にします。
チェーンもシールチェーンに替えて、兎に角駆動系は全て入れ替えました。
時間もあるので、ウォーミングアップ走行用のタイヤも少し良い方に嵌め替えます。

L1260477 さて、どうかな?
やっぱりストレートが遅い。(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
計るまでもなく、見た目で遅いのが一目瞭然です。
ん~、一番最初のキャブの方が良かったか?
見れば、アクセルペダルストッパボルトが折れちゃってます。
これも遅かった一因でしょうが、
ボルト折れちゃうなんて、よっぽどアクセル蹴飛ばしてたんだろうなぁ。
というわけで、ベリ3位のタイム。
仕方ないので、つま恋仕様のキャブセットに思い切って変更。
でも、キャブ自体をチェック圧の低いものに変更しなかったのが失敗でした。

あと、マイクロンがマグネットを拾わず、全然最高回転も最低回転も見られないし、立ち上がりカーブも見られなかったのが痛かった。
朝、新品電池に交換したのになぁ?
排気温度センサもこのレースじゃ使えないってのも厳しい状況でした。
ま、道具に頼ってばかりじゃダメだってことだね。

L1260484 というわけで、午後2時10分からの
決勝まで、なすすべなく過ごします。

【決勝ヒート:12周】
2n0x7109 コースへと向かいます。
L1260490 鈴鹿選手権では、決勝もピットスタートですが、
L1260496 本コースグリッド上からのスタートです。
中段下位グループからのスタートになっちゃいましたから、危ない位置です。
ただ、速いグループが目の前まで落ちてきてますから、
そこにしっかりついて行ければ、、、
L1260503
Suzuka111112_060
Suzuka111112_064

2n0x7129 混乱なく、スタート!
2n0x7141 ほぼ順位通りで
2n0x7144 2コーナーを抜けます。
でもやっぱりストレートで伸びず、
2n0x7149 3コーナーまでに順位を落とします。
2n0x7153 そして気がつけば、、、
2n0x7170 最後尾グループの一番後ろを走ってます。
順位こそ、スピンやらコースアウトやらしていくので少し上ですが、
全く抜けない。
なんとかついて行くのが精一杯。
2n0x7184 ホームストレートで離され、
1と2で頑張って追いつき、バックストレートで離され、
S字から25Rで頑張って、ヘアピンで追いつき、
ヘアピン立ち上がりで離され、最終コーナーで頑張って追いつき、、、
ってことの繰り返し。
2n0x7189 ホームストレートで、
ジョーにあっさり抜かれます2n0x7190
2n0x7191 あきまへん(´ヘ`;)ハァ
頻りにキャブを調整してるのに、全然改善しません。
カミさんでさえもその状況ははっきりわかったそうで、
見てて可哀想になってきてしまいました。

ファイナルラップ、2コーナーでミスした前車を
2n0x7209_2 なんとか、
2n0x7210 かわして、
21位フィニッシュ。
結局、スターティンググリッドと同じ順位でした。(;^_^A アセアセ…

「2コーナー立ち上がり、縁石まで行ってないけど、アクセルちゃんと開けてか?」
と聞けば、
「ずっと全開だよっ!」だって。
如何にパワーがなかったかだねぇ。(×_×;)

でもまあ、元々今回はラバーの乗った路面の練習のつもりでのエントリーでしたし、
そこは十分良い経験になったし、キャブの大切さも勉強になりました。
L1260506 カウルにはタイヤカスがべったり。
L1260485 鈴鹿名物ですな。(笑)

世界の走りも目前で見られたし、この経験を来シーズンに活かしたいものです。

だけど、その前にウェイトなんとかしなきゃ引退です!
というのも、ノンウェイトで3Lしか積んでなかったのに、3kgオーバー!
1.5Lしか残ってない状態でデス。

あ、その前に学校の成績上がらなきゃ、これまた引退なんですけどね。(^_^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

豚丼

豚丼
NEO−Pブログ見て、食べたくなってやってきました。
十勝仕立てだそうな
美味しいよ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

世界カート選手権~参戦記1日目

全国大会から連チャンでビッグレースに参戦してまいりました。
前座ですが(^^ゞ

また午前2時起きです。(T^T)
3時に家を出て、ショップを3時半に出発。
もう毎週末、伊勢湾岸道走破です。

みえ川越で降りて、5時半には鈴鹿国際南コース到着。
でもゲートオープンは6時からなので、みんな開門待ち。
6時45分からエンジン配布なんで、早く開けてくれないかな~!

でも琵琶湖と違い、パドックも駐車場もひろ~いんで、入場渋滞もなく、
サクサクとパドック設営。
L1260424 さすが世界選手権
こんなんパドックに貼ってありました。
L1260425 なんか気分盛り上がりますな。

L1260426 エンジン抽選して
選手受付して、タイヤもらって、エンジン組付けてと大忙し。
しかも、今回から導入したマグホイールに問題発生!
(これでなきゃ速く走れないと言ったらカミさんが買ってくれました)
なんと!普段使ってる13mmのナットじゃ組付けられない!
純正の銅ナットはTIAにつけて置いて来ちゃいました。
TONYのサービスに社長が調達に行ってくれました。
ついでにガソリンも買いに行ってもらって、助かりました。

L1260428 なんとか車検と、
8時からのウォーミングアップ走行に間に合いました。

L1260432 まだ眠そうです。

はたして、ホイールの効果は如何に!?
L1260433 すると、
ものすごく踏ん張る!全然リアが出たりしない!と大絶賛。
ホイールだけでそんなにも変わるんだねぇ。
5万円はたいた甲斐がありました。
だけど、ストレートで超遅い(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
キャブをなんとかせにゃなりません。

ブリーフィングを終えて、タイヤをコントロールタイヤに嵌め替え、
L1260437
ギヤを76丁から78丁へ変更。
ここまでは結構大忙し。

肝心なキャブは、ちょっとLoを絞ります。

TT前にもう1回ウォーミングアップ走行がありますが、
タイヤを嵌め替えてる時間はないので、純正ホイールに、
練習でだいぶ使ったタイヤの組み合わせで出します。
L1260440
L1260442 スーツも練習用です。

クルマの動きは無視していいから、キャブを合わせることに集中しろと指示します。
でもやっぱりダメです。
ピットインさせて、Loを絞って出しますが、やっぱりダメ。
Hiをどう動かしても全く改善しないと言います。

クルマの動きは、やはり純正ホイールじゃ全然違って、リアが流れちゃうそうな。

さて、どうしましょ。
だけどタイヤ交換するくらいの時間しかありませんので、
このまま行くしかなさそうです。

【TT:8分】

さあ、ここから本番です。

エントリー30台。激戦です。
しかも全日本ジュニアに出てたメンツばかりです。
L1260444

あきまへん(×_×;)

全くスピードに乗りません。(>_<)ヽ

コーナーではいいカンジなものの、ストレートで全然ついてけません。
たぶんビリのタイムしか出てません。

「キャブ、どういじってもなんともならんっ!」って怒ってます。
おっかしいなぁ、先週の琵琶湖で抜群に調子よかったキャブなのになぁ。
結果を見ると、予想通りビリです。
しかも超遅い。(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)

こりゃあ、なんとかせにゃなりません。
このまんまじゃレースになんかなりません。
とりあえずキャブを交換します。
L1260446 チェック圧、少し高めをチョイス。

すると、あろうことかパッキン入れ忘れてました!!!
あた!やっても~た!!!σ(^◇^;)

これじゃパワー出るわけありません。
朝急いでキャブ組んで、入れるの忘れちゃったんだけど、普段はパッキン貼り付いてるから、気にしてなかったんだよね。
完全にメカミスです。

昼過ぎまで、暇になります。
L1260447 しばし反省しながら休憩。
L1260448 運転手はお昼寝。

【予選ヒート:8周】

最後尾、アウト側からです。
L1260463
スタートは、1コーナーまでに前に出られそうでも出るなと指示します。
必ず中段でなにかあるはずです。

斜め前には、同じく調子のでなかったNEOがいます。
L1260467 NEOにも待ちの指示出てます。
NEO-Pは、前睨み付けてます。
L1260468 きっとなんかやってくれるはず。

スタートで2,3台抜きかけますが、指示通り下がって様子見ていきます。
案の定、ちょっと前で混乱があり、5,6台抜いて2コーナーを立ち上がっていきます。
よっしゃ!これでビリ脱出です。(^^ゞ

しか~し!やっぱりストレートで遅い。
さっきほどではないものの、やっぱ遅い。
あちゃ、キャブセット失敗か?
コーナーでの動きはいいんだけどなぁ。

「エンジン全然ダメ!カートの動きはすごくいいのに!」というコメント。

パルクフェルメでカートスタンドに上げるとき、路面にタイヤ貼り付いちゃって、
一瞬持ち上げられないくらい、ラバー乗ってます。
タイヤにはぐにゃぐにゃのタイヤカスがいっぱいくっついてます。
L1260470 3メーカーの超ハイグリップが
転がったサーキット路面ですからねぇ。

ん~、これだけラバー乗った路面でもセットはあってるようだし、
運転手も慣れてきた様子。
なのに、パワーがなきゃどうしようもありません。

というわけで、21位。
明日はキャブなんとかして、こっから上げていこう。

L1260472_2 めしいっぱい食って
チカラつけて行こう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

全国大会 in 琵琶湖~その2

今日からもう12月、、、先月は忙しかった(´ヘ`;)
というわけで、少しずつ書いていきます。

11月6日(日)

またしても入場渋滞。
つま恋ではこんなコト全然なかったのにな。
基本的に狭すぎますな。
L1260392

雨はやんでいます。
路面はびみょ~にウェット。

【公式練習:7分】
レインタイヤ温存とドライタイヤの皮剥き兼ねて、
L1260385 ドライタイヤで出します。
なので、全く参考になりません。

お天気は、降ったりやんだり、びょ~な路面状態が続きます。
hiroさんの晴れ男パワーと、へにゃパパの洗車パワーが共存してるからか?
それとも、、、
L1260394 このお方の影響でしょうか?(笑)

L1260396 楽しそうに写真撮ってます。
L1260397 世界のリュータ選手!
春にリュータ親父が言ってた通りになりました。(笑)

L1260398 開会セレモニーを終えて、
いよいよ決戦です!

【予選ヒート:10周】
路面はところどころ乾き始めてますし、少し日差しも見えます。
最後まで悩みましたが、まだスリックは無理と判断。
レインタイヤに換装します。
フロントホイールはアルミ120に嵌め換え。
リアトレッドは一番狭くしてあったのを40mmくらいワイドに。
エア圧はギリギリまで悩み、ダミーグリッドで0.9まで落とします。
だけど、ジュニアが走ってさらに乾いてきたようなので、
思い切って0.75まで落とします。
L1260403 アウト側7列目
L1260404 14番グリッド
L1260405 兎に角、
スタート直後の混乱に気をつけて、
15台抜いて来い!?と指示します。

目の前のカートが出遅れ気味のまま、ブラックアウト!
コレで割を食います。
2コーナーでマルチクラッシュ!(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)
トップから6台くらいは抜け出てきますが、その後ろは全然出てきません。
ようやく数台出てきますが、南斗は全然出てきません。
2コーナーのトコはタイヤバリアで見えず、何がどうなってるのか全くわかりません。
そのうち、南斗が立ち上がったのが見えました。
あちゃ、ここまでか?
と思いきや、暫くしたらトコトコ出てきました。
ダメージは?
普通に走ってますので、大丈夫そうです。
カウルも曲がってるようには見えません。

後で聞けば、
南斗の前のカートを抜きに行ったカートが、真横向いて目前のカートは追突。
行き場を失い止まったところに、後方から右サイドにどんどん当たってきて、
四方を囲まれて、全く動けない状態になっちゃったんだそう。
左側は走り出してどいたんだけど、右側がいて動けず、降りてカートの向きを
変えて、ようやく動けるようになったらしい。
ジュニアだとカート降りたらリタイアなんで、TIAクラスでよかった。(^o^)

ペースはけっこういいので、深刻なダメージはなさそう。
でも、トップグループは遙か彼方、、、というか、すぐ後ろまで迫ってましたので、
こりゃ屈辱の青旗か?と思いきや、トップグループは追いついてきません。
むしろ引き離してます。(@_@)
あとでタイムを確認したら、トップ3より速いタイムで走ってました。(^o^)
セットはばっちり決まったようです。
あのクラッシュがなければな~と言っても後の祭り。
そもそも前日のタイトラ失敗したのがいかんかった。

というわけで、17位フィニッシュ。

パルクフェルメに戻ってきたカートをチェックすると、
ステアリングの動きが渋い。(T^T)
ステアリングシャフト曲がっちゃってました。
タイロッドも僅かに変形。
昨年の全国大会直前練習での曲がり方と同じです。
そのためリアシャフトをチェックすると、問題なし。ホっとします。
ステアリングシャフトは、ちょっと重いけどなんとか走れそうなのでそのまま。
アライメントにも狂いはありませんでした。

【決勝ヒート:15周】

泣いても笑っても決勝を残すのみ。

心配なのはお天気です。
SSのDIV.2が時間になってもグリッド発表されず、20分ディレイ。
その間にドライタイヤに履き替える選手が数台いました。
携帯で雨雲チェックすると、どうやら雨は降ってきそうにない。
つづくカデットもドライタイヤででたカートの方が終盤速かったし、
こりゃドライだ!ってことでタイヤ交換。
フロントはベースよりカラー半枚ワイド、リアは40mmナロー。
フロントの1kgウェイト下ろし、その分燃料を積みます。
エアはいつもよりちょい高めにセット。
あとは運転手に頑張ってもらうしかありません。

L1260413 イン側17番グリッド
L1260414 濡れてる側なんでちょっと不利かな?
L1260415 頑張ってこい!

今度のスタートは混乱なく、オープニングラップを帰ってきます。
そしてまずは目の前の2台に襲いかかります。
4コーナー立ち上がりで前2台がサイドバイサイドになってるトコの
インへねじ込み、3ワイド!!!
でもその先はS字の縁石!(@_@。
縁石飛び越えて、一気に2台抜き!(^^)v
豪快なオーバーテイクを決めて、前を追います。
でも結構な距離あったんで、追いつくかな?
みるみる追いつきます。(^o^)

気がつけばあと1台抜けばシングルです。
よっしゃ!もう1台抜け!
2コーナーで仕掛け、3コーナーで抜き去ります。

ここまで来たら、もう1つ上げたいところ。
けれど、やっぱり距離ありますので、こりゃ無理か?
見れば海外招待選手です。
ラスト1周。
なんとピタリと張り付き、ロックオン!
が、抜きに行こうとしてやめたんで、結局9位フィニッシュ。

最後、なんで抜きに行かなかったんだ?って聞くと、
「イエロー出てた」
あらま、(@_@。よく見てますな。

なんにしても、よく頑張りました。
ここのところ、抜かれるレースが多かったんで、見てて楽しかった。
欲を言えば、もう3つくらい前から出てれば、6位入賞も狙えたかな、
ってのが残念でしたが。

とりあえず悔いのないレースが出来ましたので、
L1260416 カンパイ!

それにしても、ぶるーとの団結力はすごいなぁ!
P1030677

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »