« JAFジュニアカート選手権 第2戦~前日 | トップページ | JAFジュニアカート選手権 第2戦~決勝 »

JAFジュニアカート選手権 第2戦~その1

4月8日(日)
昨日の天気が嘘のように朝から快晴です。
P1040717

お天気の心配なく、レースが出来そうですが、
こうなると心配なのがラバーの乗り方。
P1040716 ラバーがしっかり乗った琵琶湖を走ったことありません。

コントロールタワーの前にずらっと椅子が並べられ、
P1040729 ブリーフィング
昨日の選手受付でなんにもくれなかったけど、
この椅子が参加賞でした。
P1040734
P1040736

【公式練習:10分】
全日本カート選手権 第2戦 琵琶湖大会
FP-Jrクラス、24台のエントリー。
チームメイトのハマダイが、諸事情により参加できず、23台での戦いです。
L1260888
昨日よりギヤをかけて出します。
どこか調子悪かったらピットインしろと指示し、
あとはドライバーにまかせます。
L1260889

最初のうちクリアラップが取れず、タイムは出ませんが動きはヨサゲで、
ガンガン抜いていきます。
ここらへんが昨年までと違うところで、パッシングに自信を持ってきたようです。

そうしてようやくクリアラップが取れたところで、44.9秒台をマークし、
電光掲示の5番手にゼッケン18が灯ります。
トップのジョーだけが44.7秒台ですが、それ以外は44.9秒台で並んでますので、なんとか戦えそうです。

【TT:7分間】
公式練習で調子よかったんで、基本セットそのまま臨みます。
エア圧だけ路面温度上昇に合わせて若干落とします。
L1260893
チームメイトのセナの後ろにつけてコースイン。
序盤、かなり詰まった状態になってるので、調子は良いのかな?
そのうちセナが前を譲ってくれて前が開けます。
がっ!全然ペースが上がりません。
セナにぴったりつけられたまま押され気味の様相。
これじゃ二人して共倒れです。

結果、44秒台にも入れられず、後方に沈みます。
順位はなんと、15番手。
L1260895_2
みんな格段に速くなり、トップはなんと44.4秒台です。
昨年のトップタイムより0.3秒も速い!
そんな中、公式練習のタイムも上回れないとは、問題です。

原因は、やはりラバーの乗った路面に合わせられてないようです。
そこで総長の出番!
セットを変更し、ドライバーの気持ちも切り替えさせます。

【予選ヒート:16周】
8列目イン側
中断より後ろの危険な位置です。
昨年の全国大会とほぼ同じ位置、悪夢がよみがえります。
まずはオープニングラップ、とにかく巻き込まれないようにしろと指示します。
L1260897

ローリング1周やり直しから、ブラックアウト!
後方3台が1コーナーでクラッシュ!
2コーナーを無事脱出してきます、、、が、
4コーナー抜けてきたところで、アレ?ビリ走ってんじゃん!
いくらなんでも慎重に行き過ぎです。

2周目にエイヤっ!と、まとめて何台か抜き、ポジションアップ。
その後もオーバーテイクを繰り返し、6台抜いて13番手まで上がったところでチェッカー。
2つしか順位を上げられませんでした。
L1260898_2

動きはだいぶ良くなったようですが、タイム的にはようやく44秒台で、イマイチ。
さらにセットを変えて、エア圧も落とします。

|
|

« JAFジュニアカート選手権 第2戦~前日 | トップページ | JAFジュニアカート選手権 第2戦~決勝 »

カート」カテゴリの記事

コメント

ラバーが乗った時のセッティングはどうするの?

投稿: RMR | 2012/04/15 20:36

>RMRさん
内緒です<(_ _)>

投稿: ドい~ら | 2012/04/16 03:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129989/54466671

この記事へのトラックバック一覧です: JAFジュニアカート選手権 第2戦~その1:

« JAFジュニアカート選手権 第2戦~前日 | トップページ | JAFジュニアカート選手権 第2戦~決勝 »