« JAFジュニアカート選手権 第4戦 中山~その3 | トップページ | JAF ジュニアカート選手権 第4戦 中山~レース後 漫遊記 倉敷の夜編 »

JAFジュニアカート選手権 第4戦 中山~その4

【7月29日(日)】
いよいよ決勝の朝を迎えました。

旅館では、この日の朝食を5時に準備してくれました。
おかげで、朝からしっかり栄養取れて、余裕で出発です。
P1050685

世間では、ロンドンオリンピックで盛り上がってますが、
レースも盛り上がりましょう!

P1050687

FP-Jrクラス、エントリー30台!
今年初めての予選落ちありです!しかも2台だけ!
そのため、出走順はいつもと違い、一番最後。
P1050688

クラス分けは、珍しくB組
L1270109

【公式練習:10分】
L1270110
タイムは電光掲示板の上位に常に表示されてるから、
調子よさげなので、一旦エア圧と調子を聞くためにピットインさせます。
クルマの動きも良く、まだまだタイム詰められそうだというので、
エア圧だけ調整して送り出します。

でも、ここでやっぱり例の症状発生。
しかもピットロード出てすぐのあたりで、止まっちゃいました。
思えば、これがケチのつき始めでした。

扇風機と喧嘩して、Tシャツ破けちゃうし。(T^T)
P1050689

セッション終了まで立ちんぼです。
まあ、タイヤ温存と考えておきましょう。

【TT:7分】
ここは、スリップがけっこう効くので、スリップ使ってタイム刻みたいところ。
でも、さっきの症状は改善されておらず、のろのろとコースイン。
なんとか止まっちゃうことは回避できたけど、集団から半周以上遅れてしまい、
それで焦ったのか、全然タイムがのびない!
結果、総合21位と非常にヤバイ状態。
L1270112
L1270113
運転手のキャブ調整もなってなかったが、どうもエンジン調子も悪いみたい。

【予選ヒート:15周】
A組 11番手 イン側6列目からのスタート
L1270116
L1270117
L1270118

またしてもエンジンはかかるけど、のろのろスタート。
ここは、コースが短いこともあり、隊列復帰できず。
1周ディレイだったものの、最後尾スタート。

だけど、絶妙なスタートを決めて、7番手まで浮上!!
やったネ!と思った瞬間、縁石飛び越えてミサイルが飛んできて、
2コーナーでストップしちゃった。(×_×;)
結局、エンジンかかるもカブっちゃってて走らず、そのままリタイア。
L1270119 寂しく観戦
ん~、レース中に止まっちゃうなんて、初めての経験。
P1050692 回収~
P1050693 回収~

この結果、セカチャン行きけってぇ~(×_×;)
L1270124
L1270126

ま、3番手スタートだから、問題ないでしょ。

エンジン冷やして、ちゃんと走ってくれさえすれば、、、
L1270121

【セカチャン:12周】
12周もあるけど、さっき1周も出来てないから、タイヤ的ハンデはないし、
ま、だいじょぶでしょ。
L1270128
L1270131

と、思いきや、、、まぁたしてもエンジンかかったけど前に進まず。
でもまぁ、たった7台だし、1周スタート遅らせてくれるだろうから、
隊列復帰できるでしょ、、、って思いきや、
マサカの日章旗!(--#)マジかよ!
ってわけで、最後尾からの追い上げになっちゃいました。
しかも、序盤エンジン不調のままで、全く抜けず、
このままでは予選落ちか!?と頭をよぎる。

でも、なんとかペースを上げ、3台抜いて4位でフィニッシュ。
やべぇ~、ギリ予選通過。
L1270149
L1270132 またしても最後列スタート決定!

【決勝:30周】
この暑さの中の30周って、どうゆうこと?
脱水症状になっちゃいそう。
そのため、レース終了後の計量待ちの時に、500のペットボトルだけは持ち込み可となりました。

まあ、体力的にはつま恋で40週連続やっても問題なかったから大丈夫でしょう。

例によってスタートで走らず遅れるものの、もともと最後列なんで問題なし。
それよか、PPのジョーが、かぶらせたくないもんだから、飛ばしに飛ばすローリングで、全く隊列整わず、何回もやり直し。
そろそろこのままスタートしてくれなきゃ、赤旗出ちゃうぞ!
そしたら、ウチだけじゃなく、みんなエンジンやばいはず。
どうかこのままスタートしてくれぇ!

と思ったところで、6周目にようやくスタート!

無難にポジションキープのまま、オープニングラップ帰ってきます。
序盤は1周、1台のペースで着実に順位を上げていく。

中盤までになんとか10上げて17位まで浮上!

トップ集団は6台のパック、かなり離れてその後ろは数珠つなぎ。
なかなかこの集団の前へ行くのは大変そう。

チームメイトのセナは、トップ集団で楽しくレースをしてるが、
南斗は中段から抜け出せない。
なんかエンジンがイマイチっぽくて、ストレートでの伸びがなく抜けない。

結局、15位フィニッシュ。
30台出走のため、ギリでポイントげっとできたけど、
練習では調子よかっただけに、悔しい結果となりました。
L1270153

ざんねん!(x_x)

|
|

« JAFジュニアカート選手権 第4戦 中山~その3 | トップページ | JAF ジュニアカート選手権 第4戦 中山~レース後 漫遊記 倉敷の夜編 »

カート」カテゴリの記事

コメント

エンジンのご機嫌が悪い事が悔やまれるな~

投稿: ゆうがパパ | 2012/12/31 18:23

ゆうがパパ
コメント早っ!
こんなほったらかしのブログにコメントいただき、ありがとうございます。

たしかにエンジンのご機嫌ナナメには閉口しました。

投稿: ドい~ら | 2012/12/31 18:35

中山遠征レースを倉敷観光と組み合わせるとはやりますなっ。

投稿: RMR | 2013/01/05 00:33

RMRさん
いいでしょ(^o^)
これでレース結果も良ければ最高だったんですけどね。(x_x)

投稿: ドい~ら | 2013/01/06 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129989/56434689

この記事へのトラックバック一覧です: JAFジュニアカート選手権 第4戦 中山~その4:

« JAFジュニアカート選手権 第4戦 中山~その3 | トップページ | JAF ジュニアカート選手権 第4戦 中山~レース後 漫遊記 倉敷の夜編 »