新型労働すた~III

ようやく試乗してきた。(^-^)

お天気はよく、まだ真夏の日差しが照りつける昼下がり、暑さ加減を判断するのにもうってつけの条件だ。
ドラポジをあわせ、ミラーを調整してエンジンスター、、、あれ?^^;
そっか、クラッチ踏まないとかかんないんだった。(;^_^A アセアセ
そのクラッチも思いっきり踏み込まなくともふつ~に踏むだけでなんなくエンジンスタート。

シフトノブを1速に入れ、ちょっとだけ慎重にクラッチミート。
NBまでのスタートのシビアさは薄れ、むずがることもなくするすると走り始めた。
片側2車線の道路を走り始めてすぐに気になったのが、やはり目線の低さ。
ただ低いと言うのではなく、自分のボデーに沈む感覚もあるため、周りのクルマに埋もれるようなそんな錯覚を覚える。
ま、これは慣れもあるだろうと、加速しつつ車線変更。
(゜o゜)ゲッ!!ステアしにくい。
さっきドラポジ合わせたはずなのだが、、、
どうも足の短い私の場合、クラッチがしっかり踏み込めるところまでシートを前に出して、いつもの感覚でシートバックをかなり立ち気味にすると、ステアリングが近すぎるようだ。
左手で2時の位置を握ってみても、まだ肘に余裕ありあり。^^;
仕方ないので流儀に反するが、シートバックをちょいと寝かす。これで腕の窮屈間はなくなったものの、あごがあがったようなポジションで好きになれない。しかも尻がどんどん前へずれる。
フロントウインドウは遠のいてオープンを味わうにはよいのだが、、、
チルトだけでなく、テレスコもつけてください、マツダさん。m(__)m
こりゃあ、買ったらまずはシートから手を入れなきゃならんかな。
あ、それと、このヘンテコなデザインのステアリングもいただけないね。握りの部分はいいけど、スポークの親指が当たるところがプラスチッキーな上に形状が角張ってて気になる。ロードスターは、こうゆうユーザーインターフェースに力を入れたクルマではなかったのか?
ユーザインターフェースといえばもう一つ。今日はドライビングシューズ履いてたからまだよかったものの、クラッチ踏むときにフットレストが引っかかりやすいのも何とかならんかったのかと言いたい。この程度のところ、すぐに改良できるだろうに。

さて、気を取り直してアクセルを床まで蹴飛ばしてみる。
「れっどぞぉぅん」まで回して走らせるのなんて久しぶりなので、目が追いついていかないというのは、置いておいてσ(^◇^;)、やっぱりなんか見難い。
このもぐりこんだ感覚は、オープンなのにものすごく閉塞感を感じてしまい、周りの交通状況が把握しにくいのだ。慣れでなんとかなるんだろうか?

エンジンはレッドの7000まできっちり回るし、途中トルクが一段とのってくるカンジで、後ろからドカんと追加加速も感じられ、パワー感は十分。音は官能的とは言わないが、直4の元気な音ではある。なにげにちょこっと加速のときのほうが音もフィーリングもいいことはたしか。
低速トルクも、6速アイドル回転以下の30km/hあたりからでも加速に耐えるし、ズボラ運転も問題なし。もっとも、これだけフレキシブルだと、普段は1→4→6くらいでシフトOKだな。
逆に、こんなにあっても使いきれるのか?なんて思ってしまう。(^_^;

シフトは渋さもなくコクコクと決まり問題なし。ヒール&トゥもたしかにすごくやりやすい。
意味もなくシフトしたくなってしまうくらいに。あ、そのための6速なのか?(笑)

さて、コーナリングである。たいしたコーナーを走れてないのでよくわからないが、ちょこっと曲がってるだけでも楽しいね。ロールはけっこうあるカンジだけど、このくらいのほうが乗り心地も含めればいいのかも。で、その乗り心地だが、線路が何本も通っている新幹線工場のとこのいつもの踏み切りを走らせてみたが、合格。ただ、ステアにくる衝撃はけっこうでかいし、押さえてないとそっちにいっちゃいそうになるのはどうかなとは思った。
ちなみに、交差点曲がっただけでも楽しいと言うが、それほどではないというか、かくっと曲がるときは意外と重く感じたな。タイヤ鳴いてたし。(^^ゞ
タイヤも鳴くといえば、さっきのステアリングへの衝撃含め、このタイヤはやっぱオーバースペックなんじゃないか?と思えたりもする。いろんなトコでその昔のライトウェイトスポーツとは変わっちゃったんだなと実感。

最後に快適性だが、オープンモードなエアコンはなかなか効いてくれて涼しい。暑いといえば暑いのには違いないが、我慢できるレベル。風の巻き込みや風切り音も我慢できるレベル。ラヂオもちゃんと聞けるし。普段からオープンにしてもそんなに苦にはならないだろう。

ま、なんだかんだと言ってみても、楽しいクルマには違いない。ちょっとした時間だけだったものの

ZOOM ZOOMは十分感じられた。と、帰りのフリーダを運転していて思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新型労働すた~II

マツダの決算BIGフェアが産業展示館で開催され、ロードスターの試乗もできるのでぜひ来てくださいとの電話がDMと併せてあったので、行ってきた。

直前になって会場の都合で試乗できなくなってしまったとの連絡があったのだが、じっくり見れるだろうしお米ももらえるというのでめげずに出かける。^^;

こないだ見た白のほかにギャラクシーグレーが置いてあったのだけど、流石にイメージカラーであるし、世界的にも流行の色だけのことはあって、こういう曲線多用なボデーには似合うね。カッコの印象も白はイマイチだったけど、この色では素直にカッコいいといえる。カミさんもこの色カッコいいじゃんっ!これにしなっ!って言うし。(^_^;)NC

で、もういちどじっくりと眺め回す。外観的にはOK.。白では曲線がぼやっとしてはっきりしなかったのと、引き締まって見えなかったのだけど、白以外を選べば問題なし。ライトや細かいディテールなんかもいい出来だしさ。

座ってみての印象は、コクピット感覚が強く、オープンカーの開放感が薄れたカンジ。これは会場に展示してあった中古のNBに座ってみてあきらかに違うと実感した。それに、今までの軽さというか気軽さが全て重厚になったという印象。ま、よくいえばチープな感じはなくなったと言えるのだが、、、なんにしても前方の見晴らしや頭上の開放感、特に振り返ったときの全部見えるって開放感はなくなっちゃったのはたしか。カミさんも全然オープンカーに乗ってるってカンジがしないねって言ってるし。助手席に座ってシートを目一杯後ろにして一番後ろにリクライニングすれば開放感はかなりあがりはするんだが、、、ん~、これならRX-8でもいいか?なんて思えてしまう。

こないだ中途半端と感じた内装の出来は、やっぱり中途半端なことは間違いないのだが、ま、許せるレベルだからいいけど、じっくり座ってみての印象はちょっとがっかりかな。

それと気になったのは、小さくなった三角窓。あれ、ドア開けたときにくすがりそうで精神的にイヤだね。(笑)

そんなわけで、あきたこまち120g×4袋と(笑)、ガチャガチャやお菓子もらって帰ってきたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新型労働すた~

新型を見てきた。

第一印象、思ったよりヘンな顔じゃない。ただ、色が白だったんでピンとこなかったってのもあり。タイヤがでかいせいもあるのかもしれないが、フロントはなんだか腰高に見えるね。

内装は、従来に比べればよくなったというものの、なんか中途半端で潔さがないなと思った。

カタログもきれちゃって試乗も明日以降の平日でないとできないってことなんで、試乗できるようになったら呼んでねってことで帰ってきた。

乗ってなんぼのクルマだしね。もっとも、期待を裏切るようなことはないとは思うが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|